神奈川県

淡水魚水族館の新たな可能性!新しいカタチの都市型アクアリウム『カワスイ川崎水族館』(川崎駅)

2020年7月にオープンした新しいカタチの都市型水族館。最新テクノロジーがおしゃれで華やかな空間を演出するエンタメ性抜群のアクアリウムです。サカナだけでなくカエルやナマケモノ、そしてネコまで飼育する幅広さもポイントです。
新潟県

難攻不落の山城はなぜ滅びたのか『春日山城跡』(上越市)

かつて上杉氏が築いた山城。山上に広がる広大な敷地を前にすると、戦国時代の雄・上杉家の力をひしひしと感じます。山道とはいえ1時間ほどでひとまわりできるので、意外と気軽に散策できます。難攻不落というコトバがぴったりはまる名城は、なぜ消滅してしまったのでしょうか。
新潟県

越後の巨城は何のために造られたのか『高田城三重櫓』(上越市)

「越後の都」と呼ばれた上越市。その中枢を担っていたのが、広大な面積を誇っていた高田城。徳川家康による国家プロジェクトとして築城されたこの城には、どんな意味があったのでしょうか。
新潟県

キラキラ輝くデジタルアクアリウム『上越市立水族博物館うみがたり』(上越市)

上越市水族博物館がリニューアルしてパワーアップ!デザインされた館内は生き物を様々な角度から観察できるように工夫がされており、写真に撮りたくなる光景の連続です。世界最多のマゼランペンギンや、他では見ることができないイカの群泳はココならでは。
富山県

富山県の『宮崎ヒスイ海岸』で”翡翠の原石探し”に挑戦!(朝日町)

ヒスイが打ち上がることで有名な富山県の東側にある海岸。様々な石が流れ着く石ころだらけの海辺で、ヒスイ探しにチャレンジ!ネットで調べた特徴を参考に拾い集めた石の中に、ヒスイは含まれているのでしょうか?
富山県

トロッコ列車の終着駅『欅平駅』周辺散策 〜サクッと1時間コース〜(黒部市)

黒部峡谷鉄道トロッコ列車の終点である欅平駅。周辺には3つの温泉や風光明媚な橋、渓谷ならではの迫力ある景色など見どころが豊富です。67分の滞在時間でさらっと周辺を散策してきました。
富山県

雨の日でも大丈夫?鉄橋・トンネル・断崖絶壁を越えて進む『黒部峡谷鉄道トロッコ列車』(黒部市)

交通の難所・黒部の渓谷を難なく進むトロッコ列車。吹き抜けの車体は路線沿いに広がる大自然のパノラマを存分に堪能できます。雨の降る曇天の中での乗車、びしょぬれになってしまうかと思いきや、意外と快適な鉄道旅でした。
富山県

黒部峡谷鉄道トロッコ列車とは?乗車時の注意点&おすすめの持ち物(黒部市)

夏は新緑、秋は紅葉が美しい渓谷を進むトロッコ列車。絶景が次々と視界に飛び込む人気のアトラクションです。時刻表や持ち物、運行期間や運賃など、乗車にあたり事前に確認しておくと良いことをまとめてみました。
富山県

野々村仁清への愛がつまった水上ミュージアム『百河豚美術館』(入善町)

貴重な美術品の数々を展示する私立美術館。水に浮かぶピラミッドのようなインパクトのある建物の中には、仏像や茶器など様々な作品が並ぶ。特に江戸時代の陶工・野々村仁清コレクションは圧巻。そして、名前の読み方難易度が非常に高いです。
富山県

廃モノ好きのニーズも満たすアートミュージアム『下山芸術の森・発電所美術館』(入善町)

かつて利用されていた水力発電所の遺構を活用したアートミュージアム。大正時代のレトロな建築は、退廃的な雰囲気を醸し出します。内部は当時使用されていた機械類が整然と置かれており、そこに並ぶアート作品はひときわ輝いて見えます。
富山県

激レア鳥・ライチョウに会える動物園『富山市ファミリーパーク』(富山市)

本来動物が暮らしていた環境に近づけた展示で、のびのびと暮らす動物を見ることができる動物園。人気者の世界の動物に加えて、里山で暮らす日本の動物にも力を入れています。生きている雷鳥に出会えるのはココだけ!
福井県

三国の町並さんぽ〜観光スポットが閉館した夕方5時過ぎ編〜(坂井市三国町)

レトロな雰囲気の港町・三国港。近くを通りかかったのでふらっと立ち寄ってみることにしました。観光施設が軒並み閉館した17:00以降、静かになった町を散歩。情緒ある街並みは、ただ歩いているだけでも楽しいです。
福井県

福井駅周辺お散歩60分コース〜歴史探訪編〜福井城址・柴田神社・佐佳枝廼社(福井市)

車でふらっと立ち寄った福井市街地。福井城址を中心に、動く恐竜が迫力満点な福井駅、武将を祭る柴田神社、越前東照宮こと佐佳枝廼社をサクッとめぐる1時間コースでお散歩してきました。
福井県

スタイリッシュな眼鏡の博物館『メガネミュージアム』(鯖江市)

歴史あるメガネを多く展示する博物館。まるで美術館のように整然とした館内では、日本一のメガネ生産地である福井県のメガネ史についても学ぶことができます。個性的な「著名人のメガネ」も並びます。
福井県

伝統のカニ漁文化とエチゼンガニの実態『越前がにミュージアム』(越前町)

「エチゼンガニ」で有名な越前町。ジオラマや資料で越前がにやかに漁について学べる体感型のミュージアム。生きているサカナも多く展示されており、水族館としても楽しめるスポットです。
福井県

1年中咲くスイセンと恋バナが楽しめる『越前岬水仙ランド&呼鳥門』(越前町)

水仙の産地として知られる越前町。越前水仙ランドでは、年間を通して咲いている水仙の花を見ることができます。すぐ近くには自然が作り上げた芸術・呼鳥門もそびえます。今回は3つの恋の物語を交えてお送りします。
福井県

神道と仏教が交わる神秘の苔寺『平泉寺 白山神社』(勝山市)

「寺」という名を冠した不思議な神社は、白山信仰の拠点。中世には宗教都市として栄えており、当時の遺構も随所に見ることができます。石畳の道や巨大な杉並木、一面をグリーンに染める苔など、歴史と神秘を感じる神社です。
福井県

デカい!デカい!とにかくデカい!巨大建築と巨大仏『越前大仏』(勝山市)

とにかくケタ違いなスケールの建築が目白押しの巨大な寺院。日本最大の五重塔や荘厳な大仏など、その圧倒的な迫力は見るものに感動を与えてくれます。わかりやすい凄さで誰が見ても楽しめるお寺です。
福井県

名水で育つユニークなサカナ『イトヨの里』(大野市)

街中に水源を多く持つ湧水の街・大野。そんな綺麗な水では、絶滅危惧種のイトヨが生息しています。池の中を覗くことができる観察窓では、自然界に暮らすイトヨの姿を見ることができます。
福井県

北陸の小京都!幻の都がまるごと発掘された『一乗谷朝倉氏遺跡・復原町並』(福井市)

かつて一条谷には朝倉氏の城下町が広がっていました。経済的・文化的にも優れた都であった町も、戦乱の中で全て消滅してしまいます。その幻の都がまるごと遺跡として発掘されたのが一乗谷朝倉氏遺跡。非常にレアな「都市の遺跡」なのです。
福井県

曹洞宗大本山!整然たる佇まいが美しい『永平寺』(永平寺町)

曹洞宗の大本山となる巨刹。たくさんの修行僧によって隅々まで磨かれた境内は、重厚な七堂伽藍、圧巻の絵天井の間など見どころも豊富です。全て屋内での見学となるため、雨天時の訪問もおすすめです。
福井県

森にとけこむ屋外アートめぐり『金津創作の森』(あわら市)

広大な敷地内に作品や工房が点在する屋外型のアートスポット。森の中に展示された作品は自然と上手く調和しており、訪れた季節によって印象が変わります。手入れされた美しい森を散策しながらアート鑑賞が楽しもう!
石川県

夜の城下町を彩る3大ライトアップ『金沢城公園&兼六園&金沢駅』(金沢市)

金沢を代表する2大観光スポット金沢城公園と兼六園は、期間限定で夜間拝観を行っています。しっとりとライトアップした園内は夜の散歩にぴったり。さらにどちらも無料で見学できます。今回はついでに金沢駅も見に行きました。
石川県

ハイセンスでエキゾチックな神社建築『尾山神社』(金沢市)

洋風な建築様式を取り入れた和洋折衷な神社。ステンドグラスを備えた神門は、金沢という歴史ある街の中で独特の存在感を放ちます。楽器を模した日本庭園やレンガに囲まれた本殿もオリジナリティがあふれています。
石川県

3つの個性が重なるミニミュージアム『KAMU kanazawa』(金沢市)

3フロア合計3ルームの小さな美術館。レアンドロ・エルリッヒをはじめとした3人のアーティストの作品が各フロアに並びます。館内を回ることに追われず、作品とじっくり向きあえるアートスポットです。
石川県

『21世紀美術館』の交流ゾーンを無料で楽しむ!(金沢市)

多くの現代アート作品を収蔵している人気の美術館。実は無料で見学できる作品も多く存在しています。繁忙期や時間が無い方、ちょっと覗きに来た方におすすめな無料展示をご紹介します。
石川県

ZENを世界に広めた人物の思想に触れる『鈴木大拙館』(金沢市)

仏教哲学者である鈴木大拙の思想を後世に伝えるために造られたスポット。館内に散らばる彼のことばを集めたら、思索空間で思考の海の中へ。にぎやかな街を離れ、静かに物思いに耽ることができる場所です。
富山県

散居村にとけこむ異国情緒あふれる建造物『小矢部メルヘン建築』(小矢部市)

富山県小矢部(おやべ)市の街中に乱立する洋風な建築群。これらはメルヘン建築と呼ばれる公共の施設。国内や国外の著名な建築をモチーフにして造られており、のどかな散居村の田園風景に強烈な異国情緒を匂わせます。
富山県

トイレとお風呂の神様に出会う!禅宗の古刹『瑞龍寺』(高岡市)

富山県を代表する曹洞宗の寺院。隅々まで手入れされた境内には国宝の伽藍が整然と並び、清々しい空間を作り上げています。トイレ、お風呂とユニークな神様も並びます。
富山県

街角で人々を見守るグリーンの仏像『高岡大仏』(高岡市)

高岡の街中にぽっと現れる緑色の大仏様。凛々しいお顔と均整のとれた肉体で、行きかう人々を温かく見守ります。台座の内部は胎内めぐりもでき、初代大仏の仏頭や多数の仏画を拝観できます。
富山県

巨大な海上橋を徒歩で渡る!『新湊大橋あいの風プロムナード』(射水市)

富山新港に架かる大きな新湊大橋。車道の下には歩いて渡ることができる遊歩道が整備されており、約10分で渡ることができます。無料の渡し船と組み合わせて往復してきました。
富山県

シロクマが見守るデザイン×アートミュージアム『富山県美術館』(富山市)

近現代のアート作品をはじめ、デザインアートも多く取り扱うオリジナリティあふれる美術館。ユーモラスなシロクマやオノマトペの屋上など、親しみやすいアート作品も多く、誰でも楽しめる美術館です。
富山県

ショッキングなガラスアートの世界と圧巻の建築美『富山市ガラス美術館』(富山市)

富山駅近く、隈研吾による特徴的な建築が話題の観光スポット。常設展のコレクション展と様々な企画展を開催しています。色鮮やかな6階グラスガーデンのインスタレーションは必見です。
富山県

羅漢様からサラリーマンまでユニークな石像が大集合!『おおざわ石仏の森&ふれあい石像の里』(富山市)

おびただしい数の石像が並ぶユニークな2つのスポット。神通川流域を見渡すように、様々な姿をした石仏・石像が集まります。一見すると同じに見えるのですが、よく見るとそれぞれ異なったテーマがあるようです。
富山県

天界のアートと地界の呻き『まんだら遊苑』(立山町)

地獄から立山を登り天国へと向かうストーリーを体感できる屋外ミュージアム。刺激的な地界を抜けた先には、幻想的なアート作品が並ぶ天界が広がります。B級要素は皆無で、洗練されたアーティスティックな空間です。
富山県

ミステリアスな立山信仰の世界とSFムービー『立山博物館』(立山町)

立山の自然や地形、そして神秘的な信仰の歴史を知ることができる広大なミュージアム。科学的でありながらも、芸術性が高い展示が多く見ごたえ充分。遥望館で見ることができる映像作品は一見の価値アリ!