当たれば快感!ワイルドすぎる斧投げに挑戦『THE AXE THROWING BAR』(蔵前駅)

東京都

ずっしりと重量感のある斧を、的に向かって思いっきり投げる!そんなエクストリームなスポーツを体験できるのがこちらの施設。ダーツバーのような感覚で、誰でも気軽に「斧投げ」を楽しむことができます。

2021/6/5(土)

気軽に斧投げができるスポット

突然ですが、斧投げたことありますか?

おそらくほとんどの方がNoと答えるのではないかと思います。
現代社会で暮らしているとなじみのない斧ですが、アメリカで斧投げは「アックススローイング」という名のスポーツとして知られており、約10万人もの競技人口がいるといわれています。

浅草エリアにあるTHE AXE THROWING BARでは、そんな斧投げを気軽に体験することができます。最寄り駅は蔵前駅。隅田川左岸に延びる江戸通りから一本路地に入った場所にあります。

料金システム

THE AXE THROWING BARの料金は30分2,480円1時間2,980円2時間4,980円3時間5,980円といった時間制。決められた時間内ならば投げ放題となります。(※2021年6月の情報です)

初めての斧投げなのでどれくらいにして良いか迷います。口コミを見ると、「30分だとあっというま」「人数が多いと1時間くらいないと上達しない」みたいな内容も。今回は4人で参加したので1時間にて予約しました。

空きがあれば予約ナシでも体験できるそうですが、土日は埋まっていることも多いので予約した方が無難かと思います。

Webサイトから簡単に予約できます。人数、名前、性別、電話番号、メールアドレス、住所が予約に必要な情報。支払いは当日現地払でOKです。

まずはレクチャー

受付を済ませると、スタッフの方のレクチャーがはじまります。斧の投げ方から、得点計算の仕方やルールなど、競技としての斧投げについても説明してもらえます。

注意事項などの説明もあるため、来店から実際に投げ始めるまでは10~20分ほどかかります。なお、投げ放題タイムは全ての説明が終わってから時間スタート。レクチャーは時間に含まれていないのでご安心を。
(その代わりトータルの所要時間は、+30分くらい見ておいた方が良いです。)

斧投げの遊び方

斧投げのルールは、1ゲーム1人10投斧投げを行い、その合計点数を競います。

ターゲットはこちらの木の板に書かれた丸。真ん中の赤い丸BULLSEYE(ブルズアイ)が6点、それより外に行くにつれて5~1点となっています。感覚としてはダーツに似ていますが、着地面積が広いのが大きな違い。ライン上の場合は低い方に、2ヶ所にまたがった場合は高い方の得点となります。

左上、右上にある青い丸はKILLSHOT(キルショット)と呼ばれる特別ポイント。事前に宣言が必要で、なおかつ宣言後はキルショット以外は全て0点とかなりキビシイ縛りになりますが、そのかわり得点は最高の8点。ただし、1ゲームのうち2回しか狙うことができないそうです。

投げることができる斧は様々な種類があります。柄の部分が長かったり、重さが異なっていたりとそれぞれ特徴があるので、いろいろ試して自分に合ったものを見つけてみるのが良さそう。

斧投げスタート

さて、準備も整ったので、いざ斧投げ開始!!!

ずっしりした斧をかかえ、振りかぶって1投目!!バコーンという派手な音とともにターゲットに当たるも刺さりません。距離的に届かないということはほとんど無いのですが、縦にまっすぐ回転しないとなかなか刺さってくれません。

続いて2投目。当たりはするものの、やっぱり刺さらずに地面に落ちてしまいます。

3投目、斧の種類を変えてみたところ、まさかのヒット!

めっちゃ気持ち良い・・・!!!!!

何本か投げているうちに徐々にコツがわかってきて、4本に1本くらいは刺さるようになってきました!投げ方はいろいろあるようですが、足を一緒に踏み込み、力まずに投げるのが良さそう。

慣れるのに少し時間がかかりましたが、スパーンと当たった時の感覚は、他には例えようがないほど快感です。スタッフさんの話だと、だいたい1時間あれば多くの人が刺さるようになってくるそう。

様々なオプションメニュー

このTHE AXE THROWING BARでは、斧以外のものもオプションで選ぶことができます。

手裏剣ナイフなどの、比較的一般的な武器に加えて、古代インドの武器チャクラム、そして漫画などで見かけるトランプまでそろっています。それぞれ1回500円で追加できますが、その場合は参加者全員選択する必要があります。

今回は手裏剣を追加してやってみたのですが、斧投げの後にやると、その軽さにびっくり!ただし、1時間ずっと斧だとかなり腕が疲れるので、間に軽いモノ挟むとちょうど良い感じです。

他にも被り物などの仮装用コスチュームもレンタル可能。特にジェイソンマスクは斧との組み合わせがばっちり。ウォールアートと相まって、思わず写真に撮りたくなります。

ウサギのマスクもあるので、DBD好きな方はハントレスごっこなんかも楽しめます。

また、フードやドリンクなどのメニューも注文可能なので、ダーツバーのような感覚で斧投げを楽しむことができます。

今回は4人で1時間コースに参加したのですが、練習+2ゲーム(10投×2)で良い感じに楽しめました。もっと投げたい気持ちもありますが、普段使わない筋肉を使うので腕がけっこー疲れる。初めての場合はこれくらいがちょうど良さそうです。

アクセスと営業情報

都営大江戸線・都営浅草線の蔵前駅から徒歩3分、東京メトロ銀座線の浅草駅からも10分ほどでアクセスできます。

営業時間 10:00~24:00
定休日 なし
公式サイト https://theaxethrowingbar.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました