2024-07

山形県

夜でも食べられる極薄ワンタンメン『花鳥風月』(酒田市)

なんといっても極薄のワンタンがインパクトある酒田ラーメン。店名に月の字を含むことから「月系」と呼ばれる店舗の一つ、花鳥風月へ。営業時間が長いので夕食にもおすすめです。
山形県

飛島 Part 3 巨木の森とテキ穴洞窟と衝撃グルメ (酒田市)

電動自転車でぐるっと島をまわり、「飛島灯台」「なぎさの鐘」「巨木の森」「テキ穴洞窟」などをめぐっていきます。最後に立ち寄った港のカフェ、ではなかなかインパクトのあるスイーツに出会いました!
山形県

飛島 Part 2 ジオパークを感じる海岸遊歩道(酒田市)

島の南岸に整備された海岸遊歩道。1000万年前の火山活動によってできあがったダイナミックな景観を楽しむことができます。勝浦港から近くであるため、まずはこちらへ行ってみることにしました。
山形県

飛島 Part 1 訪島計画と定期船「とびしま」乗船記(酒田市)

日本海の離島、飛島(とびしま)。1本目のこの記事では、島へ行く前の事前計画と、酒田港~勝浦港の定期船「とびしま」乗船について書いております。繁忙期は混雑するので、船&電動自転車は予約がおすすめです!
山形県

ケヤキ並木が美しすぎる米の保管庫『山居倉庫』(酒田市)

山形県の湊町・酒田を代表する人気の観光スポット。川沿いに並ぶ白壁が美しい正面と、ケヤキ並木と黒壁のコントラストが映える裏面、2つの景観を楽しむことができます。実はつい最近まで現役だったのをご存じでしょうか。
山形県

巨大な奇形樹が並ぶ不思議な世界『幻想の森』(戸沢村)

人里離れた山の中に巨木が乱立する、まさに幻想的なスポット。遊歩道が整備されており、10分ほどで一周することができます。気軽に散策できる森ですが、ここまでのアクセスはなかなかハード! 訪問日:2024/5/3(金) ※掲載の写真・情報は訪問時のものです わかりにくい入口 山形県の戸沢村には、幻想の森というなんとも魅力的な名前のスポットがあります。 さぞかし山奥かと思いきや、最上川沿いを通...
山形県

将棋のまちを体感できる2大スポット『将棋資料館&天童公園』(天童市)

山形県の天童市といえば将棋の駒!今回は「将棋資料館」で将棋について学びつつ、「天童公園」にて人間将棋盤を見てきました。なんとなく聞いたことがあるのですが、人間将棋ってどんなイベントなのでしょうか・・・?
山形県

山寺まで来たらココもおすすめ『峯の浦 垂水遺跡』(山形市)

「裏山寺」とも呼ばれる峯の浦にある垂水遺跡は、山道を進んだ先に迫力の光景が広がる見ごたえのあるスポット。山寺を開いた円仁とも関連がある遺跡であり、僧侶の修行の場でもありました。静かで観光客も少なく、非常に神秘的な場所です。
山形県

山上に広がる伽藍の数々『山寺(立石寺)』(山形市)

山全体が修行と信仰の場である立石寺。歴史や信仰を感じるのはもちろんのこと、フォトジェニックな光景も楽しむことができます。奥之院までは往復約1時間半の道のりとなりますので、それなりの覚悟で挑みましょう!
山形県

モダンで重厚な旧県庁舎『山形県郷土館(文翔館)』(山形市)

明治時代に造られた洋風建築であるかつての県庁舎。現在は内部が一般公開されており、自由に見学することができます。ゴージャスな内装やミュージアム、レトロな雰囲気のカフェなど見どころは多いです。
山形県

奥羽地方最大の城郭『山形城跡・霞城公園』(山形市)

かつてこの地を治めた最上義光の居城であった山形城。広大な縄張りを持つ城でしたが、現在はその一部が公園として整備されています。博物館や体育館など、様々な利用がなされている城跡です。
山形県

明治擬洋風建築の傑作『山形市立郷土館(旧済生館本館)』(山形市)

明治時代に建設された西洋風の建築。かつては病院であり、現在は郷土館という資料館になっています。レトロで味わい深い建築と、そこに展示された医学資料が見どころです。
山形県

縄文の女神とカイギュウの化石『山形県立博物館』(山形市)

霞城公園内にある山形県立博物館。国宝に指定された貴重な土偶「縄文の女神」や「ヤマガタダイカイギュウ」の化石をはじめ、山形県らしい展示が魅力のミュージアムです。
山形県

気軽に見れるディープグリーンの火口湖『蔵王 御釜』(七ヶ宿町)

鮮やかなグリーンが美しい蔵王のシンボル「御釜(おかま)」。蔵王ハイラインという有料道路が付近まで延びているため、気軽にその美しい景色を楽しむことができます。今回はGWの朝イチで訪問してみました。
山形県

とろけるリラックススペース『おふろcafé yusa』(山形市)

黒沢温泉の旅館・悠湯の郷には「おふろカフェ」が併設されており、おしゃれでキレイな空間が広がっています。マンガや雑誌が読み放題なのはもちろんのこと、おふろカフェならではのユニークなシートやハンモックを備えており、日帰り利用でもゆったりと楽しむことができます。
山形県

旧校舎に広がる『やまがたクリエイティブシティセンター Q1』(山形市)

歴史あるコンクリート建築の校舎を活用したクリエイティブなスポット。「Q1(キューイチ)」とも呼ばれるこの施設、中にはいったい何があるのでしょうか?