2021-06

福岡県

行き届いた設備が魅力のホステル『HOSTEL TOKI』(福岡市)

博多駅から徒歩15分とうアクセス良好な安宿。インテリアが素敵な館内は、掃除が行き届いておりとってもキレイ!設備も快適なので、普段ゲストハウスに泊まったことがない人にもおすすめです。
壱岐・対馬

壱岐 Part 6 レンタカーでドライブ! 小島神社・猿岩・はらほげ地蔵・黒崎砲台跡(壱岐市)

干潮時に道ができる「小島神社」海に立つ「はらほげ地蔵」、どうみても猿にしか見えない「猿岩」、気軽に見れる戦争遺跡「黒崎砲台跡」など、壱岐の名所をぐるっとドライブ!
壱岐・対馬

壱岐 Part 5 意外とハード!?壱岐島古墳めぐり~国の史跡6古墳~(壱岐市)

壱岐島に残る無数の古墳。遥か昔からこの島では多くの人々が暮らしていたことを現代へと伝えています。数多くの古墳の中から、国の史跡に指定されている6つをめぐってみました。軽い気持ちではじめた古墳めぐりですが、思っていたよりずっと難易度は高めでした・・・!
壱岐・対馬

壱岐 Part 4 ダイナミックな地形とエメラルドに輝く海『辰の島遊覧船 島めぐり遊覧+上陸』(壱岐市)

壱岐北部に浮かぶ小さな無人島の辰の島は、定期船が出ており気軽に訪問できる島です。迫力の断崖絶壁や透明度の高い海など、大自然の見どころが詰まっています。壱岐に来たらぜひとも訪れてほしいおすすめスポットです。
壱岐・対馬

壱岐 Part 3 豪華ディナーも楽しめる!楽しい安宿『みなとやゲストハウス』(壱岐市)

カジュアルな雰囲気とリーズナブルな価格が旅人に嬉しいゲストハウス。人とのコミュニケーションが好きな方には特におすすめの宿です。夕食をプラスすることも可能で、海産物をはじめとした豪華メニューを気軽に味わうことができます!
壱岐・対馬

壱岐 Part 2 離島で感じる古代ロマン『一支国博物館&原の辻遺跡』(壱岐市)

古代より人々が暮らしていた歴史が残る壱岐。島内にある一支国(いきこく)博物館は、そんな壮大な時の流れを感じることができる歴史ミュージアム。近くには王都であったとされる弥生時代の遺跡も保存・展示されています。
壱岐・対馬

壱岐 Part 1 壱岐ってどんな島?見どころ・アクセス・移動手段について

九州の北に浮かぶ壱岐島。古代より人々が暮らしていた離島で、様々な遺跡が発掘されています。島へのアクセスや島内での移動手段について、訪問計画を立てながら、簡単にご紹介します!
壱岐・対馬

対馬 Part 7 南部ドライブ 万松院・小茂田浜神社・石屋根(対馬市)

博多からの船が着港する厳原(いづはら)の市街地にある古刹「万松院」、発掘された庭園「旧金石城庭園」に加えて、少しだけ足を伸ばして元寇の歴史が残る「小茂田浜神社」、独自の建築「椎根の石屋根」まで行ってみました。
壱岐・対馬

対馬 Part 6 立地抜群!リーズナブルで心温まるゲストハウス『島びより』(対馬市)

厳原港近くにあるとってもきれいなゲストハウス。充実した設備と掃除の行き届いた館内で快適な宿泊を送ることができます。料金もとってもリーズナブルなので、対馬観光の拠点にぴったりの安宿です。
壱岐・対馬

対馬 Part 5 北部ドライブ 韓国展望台・豊砲台跡・オメガ公園(対馬市)

対馬北部に位置する上対馬町へドライブ!朝鮮半島を臨む「韓国展望所」、迫力の戦争遺跡「豊砲台跡」、波穏やかな美しいビーチ「三宇田浜」、ロシアとのエピソードにまつわる「日露友好の丘」、かつて日本で最も高いタワーであった「オメガ公園」をめぐります。
壱岐・対馬

対馬 Part 4 中部ドライブ あそうベイパーク・和多都美神社・烏帽子岳展望台(対馬市)

厳原(いづはら)港でレンタカーを借りたら、長く広い対馬の真ん中あたりにある美津島(みつしま)町・豊玉(とよたま)町へ。空の玄関口である「対馬やまねこ空港」、対州馬に会える「あそうベイパーク」、神秘的な鳥居が並ぶ「和多都美神社」、絶景広がる「烏帽子岳展望台」をめぐりました。
壱岐・対馬

対馬 Part 3 離島にそびえる鉄壁の山城『金田城』(対馬市)

古来より国防の島であった対馬を守るために作られた古代山城。山中には迫力の石塁や城門跡、明治時代に造られた砲台跡など、多くの遺跡が残されております。対馬に来たら絶対に外せない代表的なスポットです!
壱岐・対馬

対馬 Part 2 夜行フェリーで向かう対馬 フェリーちくし乗船記(博多→厳原)

博多港と対馬の厳原(いづはら)港をつなぐ大型フェリー。今回は夜行便に乗船。深夜発ですが、それまでの時間潰しはどうする?早朝に着いてしまうけどそこからどうする?いろいろと難易度が高そうに見えるフェリーに挑戦しました。
壱岐・対馬

対馬 Part 1 対馬ってどんな島?見どころ・アクセス・移動手段について

玄界灘に浮かぶ巨大な離島・対馬。山地が多く、山脈が海に浮かんでいるような姿をしています。実際に行くとなると、アクセスや移動手段はどうしよう?対馬へ旅行するためにまとめた情報をさらっと書き出してみました。
壱岐・対馬

東京から向かう壱岐・対馬!福岡空港→博多港を経由して国境の島へ

都内から長崎の離島・壱岐&対馬へ!今回は【東京→福岡空港→博多港→壱岐or対馬】というコースを通ることにしました。それぞれの移動手段は選択肢が複数あるため、いろいろと迷いながら計画を立てて行ったところ、予想外の出来事が・・・!
福岡県

博多のまちを見守る福岡大仏と地獄巡り『東長寺』(福岡市)

祇園にある東長寺は、五重塔や六角堂などの伽藍を有する真言宗の寺院。都会の真ん中でありながらも、境内はとても静かな空気が流れています。荘厳な福岡大仏は、祇園を見守るかのように鎮座しています。
福岡県

博多の歴史と祭にかける情熱『博多町家ふるさと館』(福岡市)

長い歴史を持つ博多の歴史と文化を今に伝えるミュージアム。伝統工芸の実演や、熱気あふれる祭の映像など、体感型のコンテンツも充実しています。知らなかった博多の姿に出会える場所です。
福岡県

博多の魂を感じる総鎮守『櫛田神社』(福岡市)

博多の総鎮守として知られる歴史ある神社。境内には見どころも多く存在しています。例大祭である祇園山笠は全国有数の大きな祭で、それに使用される巨大な山笠の展示も見ることができます。
静岡県

自然に溶け込むアートミュージアム『秋野不矩美術館』(浜松市)

地元出身の日本画家・秋野不矩(あきのふく)の絵画を収蔵するアートミュージアム。靴を脱いで入る館内では、作品をゆったりと鑑賞することができます。藤森照信によるオリジナリティあふれる建築も世界観を引き立てます。
静岡県

静かな境内でゆったりと庭園鑑賞『龍潭寺』(浜松市)

浜名湖北部にある龍潭寺は、立派な庭園をそなえた古刹。澄んだ空気が心地よく、ゆったりと過ごすことができる寺院です。歴史に名を残す井伊家との関りは深く、菩提寺であり初代当主の出生の場所でもあります。
静岡県

かんざんじ温泉のウナギの名店『浜の木』(浜松市)

舘山寺温泉の門前通りに位置する鰻料理屋さん。広々とした店内からは、レイクビューの抜群の眺望が楽しめます。蒲焼きと白焼き、2色のうなぎがリーズナブルに楽しめる「白焼き御膳」はおすすめメニューです。
静岡県

個性派アニマルが集まる動物園『はまZOO』(浜松市)

ライオン、ゾウ、クマ、キリンなど、人気者アニマルたちが集まる動物園。特に、ゴリラやチンパンジーなどをはじめとした霊長類の展示が充実しています。ここでしか見ることができないレアなサル「ゴールデンライオンタマリン」は必見です!
静岡県

一面の花畑とクリスタルパレス『はままつフラワーパーク』(浜松市)

浜名湖にある広大な植物園。サクラやチューリップ、ネモフィラなど、四季の花景色を楽しむことができます。フォトジェニックな大温室「クリスタルパレス」や、巨大なモザイカルチャーは必見です。
静岡県

レイクサイドのカラフル庭園『浜名湖ガーデンパーク』(浜松市)

四季折々の花が楽しめる浜名湖近くの庭園。色とりどりの花景色に加えて、写真映えするフォトスポットもばっちり。展望タワーやクルーズなどのアトラクションも楽しめます。
静岡県

げんこつハンバーグが話題のご当地ファミレス『炭焼きレストランさわやか』(静岡県)

静岡県内でしか食べることができないローカルチェーン店。看板メニューの炭焼きハンバーグは、わざわざ食べに行きたくなるお味です。ほぼ確実に待ち時間が発生するため、事前に公式サイトでの確認がおすすめ!