山形県

夜でも食べられる極薄ワンタンメン『花鳥風月』(酒田市)

なんといっても極薄のワンタンがインパクトある酒田ラーメン。店名に月の字を含むことから「月系」と呼ばれる店舗の一つ、花鳥風月へ。営業時間が長いので夕食にもおすすめです。
山形県

飛島 Part 3 巨木の森とテキ穴洞窟と衝撃グルメ (酒田市)

電動自転車でぐるっと島をまわり、「飛島灯台」「なぎさの鐘」「巨木の森」「テキ穴洞窟」などをめぐっていきます。最後に立ち寄った港のカフェ、ではなかなかインパクトのあるスイーツに出会いました!
山形県

飛島 Part 2 ジオパークを感じる海岸遊歩道(酒田市)

島の南岸に整備された海岸遊歩道。1000万年前の火山活動によってできあがったダイナミックな景観を楽しむことができます。勝浦港から近くであるため、まずはこちらへ行ってみることにしました。
山形県

飛島 Part 1 訪島計画と定期船「とびしま」乗船記(酒田市)

日本海の離島、飛島(とびしま)。1本目のこの記事では、島へ行く前の事前計画と、酒田港~勝浦港の定期船「とびしま」乗船について書いております。繁忙期は混雑するので、船&電動自転車は予約がおすすめです!
山形県

ケヤキ並木が美しすぎる米の保管庫『山居倉庫』(酒田市)

山形県の湊町・酒田を代表する人気の観光スポット。川沿いに並ぶ白壁が美しい正面と、ケヤキ並木と黒壁のコントラストが映える裏面、2つの景観を楽しむことができます。実はつい最近まで現役だったのをご存じでしょうか。
山形県

巨大な奇形樹が並ぶ不思議な世界『幻想の森』(戸沢村)

人里離れた山の中に巨木が乱立する、まさに幻想的なスポット。遊歩道が整備されており、10分ほどで一周することができます。気軽に散策できる森ですが、ここまでのアクセスはなかなかハード! 訪問日:2024/5/3(金) ※掲載の写真・情報は訪問時のものです わかりにくい入口 山形県の戸沢村には、幻想の森というなんとも魅力的な名前のスポットがあります。 さぞかし山奥かと思いきや、最上川沿いを通...
山形県

将棋のまちを体感できる2大スポット『将棋資料館&天童公園』(天童市)

山形県の天童市といえば将棋の駒!今回は「将棋資料館」で将棋について学びつつ、「天童公園」にて人間将棋盤を見てきました。なんとなく聞いたことがあるのですが、人間将棋ってどんなイベントなのでしょうか・・・?
山形県

山寺まで来たらココもおすすめ『峯の浦 垂水遺跡』(山形市)

「裏山寺」とも呼ばれる峯の浦にある垂水遺跡は、山道を進んだ先に迫力の光景が広がる見ごたえのあるスポット。山寺を開いた円仁とも関連がある遺跡であり、僧侶の修行の場でもありました。静かで観光客も少なく、非常に神秘的な場所です。
山形県

山上に広がる伽藍の数々『山寺(立石寺)』(山形市)

山全体が修行と信仰の場である立石寺。歴史や信仰を感じるのはもちろんのこと、フォトジェニックな光景も楽しむことができます。奥之院までは往復約1時間半の道のりとなりますので、それなりの覚悟で挑みましょう!
山形県

モダンで重厚な旧県庁舎『山形県郷土館(文翔館)』(山形市)

明治時代に造られた洋風建築であるかつての県庁舎。現在は内部が一般公開されており、自由に見学することができます。ゴージャスな内装やミュージアム、レトロな雰囲気のカフェなど見どころは多いです。
山形県

奥羽地方最大の城郭『山形城跡・霞城公園』(山形市)

かつてこの地を治めた最上義光の居城であった山形城。広大な縄張りを持つ城でしたが、現在はその一部が公園として整備されています。博物館や体育館など、様々な利用がなされている城跡です。
山形県

明治擬洋風建築の傑作『山形市立郷土館(旧済生館本館)』(山形市)

明治時代に建設された西洋風の建築。かつては病院であり、現在は郷土館という資料館になっています。レトロで味わい深い建築と、そこに展示された医学資料が見どころです。
山形県

縄文の女神とカイギュウの化石『山形県立博物館』(山形市)

霞城公園内にある山形県立博物館。国宝に指定された貴重な土偶「縄文の女神」や「ヤマガタダイカイギュウ」の化石をはじめ、山形県らしい展示が魅力のミュージアムです。
山形県

気軽に見れるディープグリーンの火口湖『蔵王 御釜』(七ヶ宿町)

鮮やかなグリーンが美しい蔵王のシンボル「御釜(おかま)」。蔵王ハイラインという有料道路が付近まで延びているため、気軽にその美しい景色を楽しむことができます。今回はGWの朝イチで訪問してみました。
山形県

とろけるリラックススペース『おふろcafé yusa』(山形市)

黒沢温泉の旅館・悠湯の郷には「おふろカフェ」が併設されており、おしゃれでキレイな空間が広がっています。マンガや雑誌が読み放題なのはもちろんのこと、おふろカフェならではのユニークなシートやハンモックを備えており、日帰り利用でもゆったりと楽しむことができます。
山形県

旧校舎に広がる『やまがたクリエイティブシティセンター Q1』(山形市)

歴史あるコンクリート建築の校舎を活用したクリエイティブなスポット。「Q1(キューイチ)」とも呼ばれるこの施設、中にはいったい何があるのでしょうか?
未分類

なつかしい童話の世界に没入できる『浜田広介記念館』(高畠町)

日本のアンデルセンと称された浜田広介(はまだ ひろすけ)の故郷である高畠町。記念館では、「泣いた赤鬼」をはじめ、彼の生み出した童話作品の世界にたっぷりと浸ることができます。ところで、赤鬼はなんで泣いたんでしたっけ?
山形県

高畠石で作り上げられたレトロ駅舎『旧高畠駅』(高畠町)

かつて運行していた髙畠線の中心であった旧高畠駅。現在は公園として整備され、人々の憩いの場となっています。地元特産の「高畠石」でつくられた駅舎をはじめ、多数の石造り建造物は見ごたえありです。
山形県

高畠町 古墳めぐり ~金原古墳・羽山古墳・清水前古墳~(高畠町)

多数の古墳が残る山形県高畠町。比較的まちなかで見ることができるので、気軽に古墳めぐりが楽しめます。墳丘の規模はコンパクトですが、復元整備されているものも多く、見ごたえあります。
山形県

茅葺き屋根の社殿と三重塔『安久津八幡神社』(高畠町)

山形県の高畠町で祀られる安久津八幡神社は、室町時代の建築が残る歴史深い神社。神社でありながらも三重塔がそびえていたり、多数の古墳が点在していたりと見どころは多いです。
山形県

天高くそびえ立つ石壁のホール『瓜割石庭公園』(高畠町)

高畠石と呼ばれる凝灰岩の産地として知られる高畠町。町内には採石場の跡が残っており、大迫力の石の壁を拝むことができます。周囲を石に囲まれた空間は、音が響き渡るホールになっていました。
山形県

大ダヌキと大蛇を倒した犬と猫の伝説『犬の宮・猫の宮』(高畠町)

その名が示す通り、全国的に見ても珍しい犬と猫を祀る神社。この2つの宮には、それぞれ犬と猫の伝説が残されています。いったいどのような物語があるのでしょうか。
山形県

米沢牛のロング押し寿司『道の駅米沢・牛毘亭』(米沢市)

米沢に来たらぜひ食べておきたい「米沢牛」。和牛=敷居が高いイメージですが、道の駅米沢に行けば、比較的リーズナブルに楽しむことができます。今回は、名物のロング押し寿司に挑戦してみました!
山形県

奇抜な発想で仕上げられたスポット『アイディアの泉神社』(米沢市)

その名が示す通り、普通とはちょっと異なる個性的なスタイルの神社。常識では語りづらい独自の存在感を放っており、ここにくれば何か固定観念を破ったアイディアが思い浮かぶような気がします・・・!
山形県

上杉鷹山の功績を学べるミュージアム『伝国の杜・米沢市上杉博物館』(米沢市)

米沢の歴史を紹介するミュージアム。国宝である洛中洛外図屏風の世界を再現したデジタルコンテンツや、上杉鷹山の活躍を映すシアターなど、カジュアルに楽しめる博物館です。
未分類

名将たちの歴史が詰まった城跡『米沢城址・上杉神社』(米沢市)

伊達政宗、上杉景勝、直江兼続といった名だたる武将にゆかりのある米沢城。本丸は、現在は上杉神社の境内となっています。水堀に囲まれた縄張には、多数の銅像が設置されていました。
山形県

木々が集まってできた山の神『トトロの森』(米沢市)

米沢にはあの人気キャラクター「トトロ」の名を冠した森があります。田園風景に浮かび上がるその姿はインパクト抜群!トトロの中に入ってみると、そこには・・・。
千葉県

メルヘンなバラのテーマパーク『京成バラ園』(八千代市)

色とりどりのバラが咲き誇るフラワーガーデン。個性的なバラを観賞したり、フォトスポットで写真を撮ったり、様々な楽しみ方ができる施設です。カラフルな花に包まれて、ちょっとした非日常が体験できます。
東京都(23区)

本当に没入できるのか!?『イマーシブ・フォート東京』(江東区・お台場)

お台場に新しくオープンした「没入型」という新感覚のテーマパーク。没入型ってどんなアトラクションがあるのでしょうか?そして、しっかり没入できるのでしょうか?今回はあまり下調べせずに勢いで参加してみました。
大分県

スペースポート大分空港から東京へ!6日間の旅のおわり(大分空港⇒羽田空港)

大分県・宮崎県をめぐる6日間の旅を終え、ソラシドエアで帰る東京・羽田空港。最後の記事となる今回は、大分空港散策、大分空港のお土産、旅の後記などをまとめてみました。
大分県

地獄めぐり⑨ 温泉そのものになる不思議体験『地獄温泉ミュージアム』(別府市)

別府にある地獄温泉ミュージアムは、参加者自らが温泉になってしまうという不思議な体験ができるスポット。楽しく遊びながらも、いつの間にか別府温泉に詳しくなってしまう仕掛けがたくさん詰まっています。
大分県

温泉街の昭和レトロパーク『湯布院昭和館』(由布市)

なつかしの昭和がたっぷり詰まった空間。モノだけでなく、まちそのものが再現されており、まるでタイムスリップしたような気持ちになれます。遊べる仕掛けもたっぷりあるので、みんなでわいわい楽しめるミュージアムです。
大分県

おしゃれでキレイな温泉街を歩こう『湯の坪街道~金鱗湖』(由布市)

由布院観光の中心となるのが湯の坪街道。多数のお店が軒を連ねる中、名物グルメを食べ歩きしながら散策スタート!奥にある金鱗湖(きんりんこ)では、あのサカナが泳いでいました。
大分県

温泉街の現代アート美術館『COMICO ART MUSEUM YUFUIN』(由布市)

名だたるアーティストの個性が詰まった現代アートがずらりと並ぶ美術館。刺激的な絵画やインスタレーションで、非日常が体験できるミュージアムです。チケットは予約制となっているので、そこだけご注意ください。
大分県

音楽とアートが混じり合う空間『空想の森 アルテジオ』(由布市)

湯布院のメインストリートから少し離れが場所にあるアルテジオは、音楽にまつわるアート作品を集めたミュージアム。有名な作曲家や画家の作品を鑑賞しながら、ゆったりとした時間を過ごすことができるスポットです。
大分県

天然のウォータースライダー『龍門の滝』(九重町)

木々が開けた渓流に突然現れる龍門の滝。垂直に流れ落ちる1段目と、岩肌を滑らかに流れる2段目、2つに分かれたダイナミックな姿が魅力的です。中国の黄河にちなんだ名前が付けられていますが、この名前は現代でも良く使われるある単語のもとにもなっています。