神社

大分県

おしゃれでキレイな温泉街を歩こう『湯の坪街道~金鱗湖』(由布市)

由布院観光の中心となるのが湯の坪街道。多数のお店が軒を連ねる中、名物グルメを食べ歩きしながら散策スタート!奥にある金鱗湖(きんりんこ)では、あのサカナが泳いでいました。
宮崎県

天岩戸を御神体とした神社と天安河原『天岩戸神社 西本宮』(高千穂町)

天照大神が籠ったという天岩戸を御神体とした神社。境内から少し歩くと、天照大神を岩戸から救出するために神々が集まった場所「天安河原」を見に行くことができます。巨大な洞窟と無数の石が積まれた光景は圧巻です。
宮崎県

静謐な森に包まれた神社『天岩戸神社 東本宮』(高千穂町)

東本宮と西本宮、2つに分かれている天岩戸神社。東本宮は、天岩戸から出た天照皇大神が最初に住んだ場所を祀っています。この2社には異なる点がいくつもあり、比較しながら参拝してみました。
宮崎県

龍の洞窟に柱状節理!ダイナミックな地形が楽しめる『大御(おおみ)神社』(日向市)

シーサイドな立地がなんとも開放的な大御神社。境内には昇り龍、龍神の霊、神座、亀岩、柱状節理と見どころが盛り沢山。他所ではなかなかお目にかかれない古代の龍神信仰の跡や迫力ある地形を感じることができる神社です。
豊後諸島

大入島 Part 2 海の細道とカンガルー広場(佐伯市/豊後諸島)

石間港から時計回りに車でめぐる大入島(おおにゅうじま)。「カンガルー広場」「万葉歌碑」「神の井」といった名所をめぐっていきます。静寂の海に延びる一本道「海の細道」は島に来たら見逃せない絶景ポイント。
豊後諸島

保戸島 Part 2 違和感のある集落と神様のおさがり (津久見市/豊後諸島)

津久見港から保戸島に到着したのが前回までのお話。2本目の記事では、島の北側散策について。石鎚神社、えびす様、加茂神社と神社をめぐりながらも気になったのは埋立地の集落。離島とは思えないような不思議な光景が広がります。
大分県

ユニークな見どころたっぷり『アミュプラザおおいた・シティ屋上ひろば』(大分市)

大分駅ビルの屋上に設置された開放的な広場。よくある商業施設の屋上広場と侮るなかれ。「ぶんぶん堂」「紅白展望台」「鉄道神社」など、他にはないユニークな見どころが詰まっています。
東京都(23区)

神楽坂を見守るモダンな神社『赤城神社』(新宿区・神楽坂)

神楽坂の商店街のすぐ傍に鎮座する赤城神社。隈研吾によるモダンな建築やカフェが人気の神社です。ヒット祈願が行われる螢雪天神や、悩みをきいてくれる八耳神社などの境内社もあります。
東京都(市町村部・多摩地区)

1900年の歴史を持つ都内最古級の神社『大國魂神社』(府中市)

都内でも有数の歴史が深い神社。多くの神様が集まり、様々な信仰がされてきた場所でもあります。宝物殿や歴史館、復元された国府跡など、歴史的にも楽しめる神社です。
千葉県

轟くジェット音とともに航空機が超接近『東峰神社』(成田市)

空港の敷地に取り囲まれており、独特の存在感を放つ神社。もともとは航空神社であり、その後は成田闘争とも深い関わりを持つことになります。近年では航空機ビューポイントとしても人気のスポットです。
東京都(23区)

江戸時代に造られた2つの島『佃島&石川島』(中央区・佃)

高層住宅街として知られる佃エリア。もともとは江戸時代に人工的に広げられた島でした。今回はそんな江戸のウォーターフロントエリアを軽くお散歩して、江戸から続く土地の記憶をたどってきました。
東京都(23区)

神猿と山王鳥居と千本鳥居『日枝神社』(千代田区・永田町)

東京・赤坂にある日枝(ひえ)神社は、様々なご利益を求めて多くの参拝者が集まる人気の神社。印象的なデザインの「山王鳥居」や、境内で多数見ることのできる「神猿」、稲荷参道の「千本鳥居」と見どころも多いです。
東京都(23区)

築地の守護神と巨大なシシガシラ『波除神社』(中央区・築地)

築地場外市場の奥にて祀られる波除(なみよけ)神社は、その名の通り波を沈めたという言い伝えが残っています。コンパクトな神社ですが、大きな獅子の頭や、他では見ることができない塚など見どころは多いです。
東京都(23区)

巨大な富士塚とペイントされた石碑『駒込富士神社』(文京区・本駒込)

江戸時代に流行した富士信仰の拠点の一つであった神社。境内には大きな富士塚が鎮座しており、その信仰の強さを物語ります。奉納された多数の石碑には様々なシンボルマークが描かれており、富士塚を華やかに飾っていました。
東京都(23区)

大人気の縁結びスポット『東京大神宮』(千代田区/飯田橋)

アクセス良好な立地に加えてパワースポットとしても人気が高いため、多くの参拝者でにぎわう神社。かわいいお守りや、具体的過ぎる内容が記されたおみくじなどを扱っており、特に若い女性に多く信仰されています。
天草諸島

獅子島 Part 2 絶景広がる黒崎空中展望所と鉈崎望洋回廊(長島町)

片側(かたそば)港から車で島を時計回りに進み、さくっと獅子島一周へ。黒崎空中展望所からはじまり、獅子神社、鉈崎望洋回廊、獅子島化石パークとめぐってきました。
鹿児島県

巨大な鈴とたくさんのツルに会える『箱崎八幡神社』(出水市)

鹿児島県出水(いずみ)市に鎮座する箱崎八幡宮は、鎌倉時代に創建された長い歴史をもつ神社。境内には多数のツルや、日本一の大鈴をはじめとした鈴がたくさん。非常にユニークな神社です。
鹿児島県

荘厳な社殿とレアな郷土寿司『霧島神宮』(霧島市)

日没前にちょっと空いた時間でドライブに出発!観光客も引いた静かな山道を進み霧島神宮へ。厳かな雰囲気の中で参拝した後は、レアメニューの郷土寿司を楽しみました。
道東

開拓とともに歴史を歩んできた神社『北見神社』(北見市)

北見がまだ野付牛と呼ばれていた明治時代に建立された神社。屯田兵によって祀られ、現代まで多くの人々の信仰を集めています。境内には多数の石碑が置かれており、様々な歴史を物語ります。
福島県

吹き抜ける風が気持ち良い!『新宮熊野神社・長床』(喜多方市)

喜多方市中心部から車で10分弱のところにある、深い歴史のある神社。境内には大きなイチョウの木や宝物殿などの見どころがあります。壁のない拝殿「長床」は、とても心落ち着くやすらぎスポットです。
東京都(23区)

縁結びの信仰集める風流な神社『赤坂氷川神社』(港区/赤坂)

六本木や赤坂を見守る赤坂氷川神社。震災や戦災を乗り越えた境内には、江戸の情緒が残ります。縁結びの神様として信仰されており、カラフルな「縁結ひ」や「さくらんぼ結び」など、可愛らしさにもふれることができる神社です。
新潟県

漆黒の蜀鶏(とうまる)の魅力『弥彦神社』(弥彦村)

弥彦山の麓にたたずむ弥彦神社は、新潟県を代表する神社。いくつも見所がありますが、中でも境内の日本鶏舎で見ることができるニワトリのラインナップは豪華。「蜀鶏(とおまる)」という天然記念物をはじめ、さまざまな品種を見ることができます。
東京都(23区)

壁のような出世の石段を超えよう『愛宕神社』(港区/愛宕)

都会の中心に残る天然の山、愛宕山。江戸のはじまり頃から愛宕神社が建立され、信仰の地としても知られています。立ちはだかる「出世の石段」の先にある境内は、木々が生い茂る憩いの場となっています。
東京都(23区)

タワービルの麓に広がる憩いの場『虎ノ門・金刀比羅宮』(港区/虎ノ門)

虎ノ門のビル街に鎮座する都市型神社。ビルと一体化したような境内は、ヒノキの香りがあふれる落ち着ける空間となっています。四神が守護する鳥居や、縁結びの御利益がある結神社など見どころも豊富です。
群馬県

精巧なる彫刻に彩られた雷神祀る神社『雷電神社』(邑楽郡板倉町)

数ある雷電神社の総本社とされる歴史の深い神社。雷の神を祀っており、雷除けをはじめとした様々な信仰が受け継がれています。拝殿や本殿に施された木彫りの彫刻や、ナマズとの関連も注目です。
栃木県

野生のフクロウに会えるかも?『野木神社』(野木町)

多数のフクロウの置物がお出迎えしてくれる神社。タイミングが良いとリアルフクロウを見ることができるそう。江戸時代の彫刻が残る社殿や、乳の出が良くなると信仰される大イチョウ、ニリンソウの群生地など見どころは多いです。
東京都(23区)

オフィスビル街の神社をめぐって福あつめ『日本橋七福神めぐり』(中央区/日本橋)

下町情緒をわずかに残すオフィス街の日本橋エリア。ビルの合間に残る7つの神社には七福神が祀られており、人気の巡礼コースとなっています。徒歩で気軽にめぐることができる七福神なので、七福神デビュー戦にもぴったりです。
東京都(23区)

カッパと犬の安産祈願『水天宮』(中央区/日本橋)

都会の真ん中に建つ都市型神社。外観は現代的な佇まいですが、境内へと足を進めると神社らしい趣のある空間が広がります。安産祈願の神社として信仰されており、境内には子育て中のカッパと犬の姿を見ることができます。
東京都(23区)

多くの現代人を集めるパワースポット『小網神社』(中央区/日本橋)

ビルやマンションに囲まれた土地に建つ小さな神社。人通りもそれほど多くない場所ですが、そこには何故か人だかりが・・・!いったいこの神社には何があるのでしょうか?
東京都(23区)

勝利の神を祀る原宿の神社『東郷神社』(原宿駅/渋谷区)

竹下通りに隣接した境内を持つ東郷神社は、日露戦争の英雄・東郷平八郎を神として祀っています。原宿の喧噪とはかけ離れた静かな境内、自然も多くちょっとしたリフレッシュにもぴったりな神社です。
奈良県

暗闇に浮かび上がる幻想的な釣燈籠『春日大社』(奈良市)

全国に約1,000社あるといわれる春日神社の総本社。年に2回行われる「万燈籠(まんとうろう)」で知られていますが、特別参拝へ進めば年間を通してその雰囲気を味わうことができます。今回はまだ参拝客の少ない早朝に訪問してみました。
塩飽諸島

佐柳島 Part 2 なつっこいネコと大天狗神社(多度津町/塩飽諸島)

朝イチの便で渡ってきた佐柳島(さなぎじま)。あちこちから飛び出してくるネコと遊びながら、「埋め墓」や「大天狗神社」といった名所をめぐります。
香川県

1,368段を越えて奥社を目指せ!『金刀比羅宮』(仲多度郡琴平町)

香川県を代表する神社として全国に知られる金刀比羅宮(ことひらぐう)。奥社まで行くには、果てしない石段を上り続ける必要があります。今回は参拝客の少ない早朝スタートで一気に登ってきました!
芸予諸島

ゆめしま海道 Part 2 Uターンブルーラインと積善山(上島町/芸予諸島)

フェリーに車を載せて渡ってきた「ゆめしま海道」。上島架橋が見渡せる積善山や、ちょっと不思議なUターンブルーラインなど、のどかな空気が流れる離島をのんびりとめぐってきました。
芸予諸島

因島 Part 1 白い恐竜に水軍城に自転車神社!素通りするのはもったいない(尾道市/芸予諸島)

尾道側からしまなみ海道を進むと、2つ目の島となる因島(いんのしま)。因島アメニティ公園でシンボルであるザウルくんを見た後は、HAKKO PARK、フラワーセンター、水軍城、自転車神社、水族館といろいろめぐって島の魅力をたっぷりと堪能してきました!
芸予諸島

岩子島 厳島神社から「ゆるぎ岩」目指してお手軽山登り(尾道市/芸予諸島)

向島から橋で渡ることができる岩子島(いわしじま)。海辺に立つ厳島神社から歩いて西岩岳の山頂付近にある「ゆるぎ岩」を目指します!時間と距離はそれほどかかりませんが、注意すべきポイントは多数あるので気を抜かないようにご注意ください。