さよなら土佐の国!ジェットスターで都内へ(高知→成田)

高知県

4日間の旅を終えて、最後にやってきたのは高知龍馬空港。東京へ1.5時間のフライトのはじまりです。いつも通り旅の後記や行けなかったところも載せてみました。

搭乗日:2020/01/27(月)

空の玄関・高知龍馬空港

4日間の高知旅行を終えて、オリックスレンタカー高知空港店に車を返却。高知駅で借りたのですが、空港乗り捨てでも料金が変わらないのがオリックスの魅力。走行距離は614.5km、ガソリン代は4,365円でした。

はじめて来た高知竜馬空港。ソテツやヤシの木がそびえており、南国な雰囲気もあります。高知市内からは車で30分ほどと、なかなかアクセス良い位置。高知駅⇔高知空港の連絡バスも30分に1本出てます。

内部はこじんまりとした昔ながらの空港といった雰囲気。ANA、ジェットスター、フジドリームエアラインズの3路線が就航しています。

まずはオレンジ色のジェットスターカウンターへ。手荷物を預けて身軽になったら、空港内の探索に出発!

空港内で見つけたもの

目をひく朱色のオブジェは、高知名物よさこいで踊り子が鳴らす「鳴子」の巨大バージョン。その奥には、同じく朱色のはりまや橋が控えています。

お遍路さん用の更衣室も発見!。ここから八十八ヶ所を巡る人もいるのでしょうね。なお、お遍路さん更衣室は四国の空港では標準装備。香川の高松空港、愛媛の松山空港、徳島の徳島空港でも見ることができます。

展望デッキももちろんあります。ウッド仕立ての広場には、アンパンマンと仲間たちが描かれています。

もちろん坂本龍馬

空港名にも関している高知のヒーロー坂本龍馬。桂浜の像が有名ですが、空港内でも龍馬に会うことができます。

こちらは銅像タイプ。到着口で高知に来た人をお出迎えするかのように立っています。

屋内仕様のフルカラーバージョンも見つけました。こちらの像は保安検査場の目の前に立っているため、危険物を持ち込まないように見張っているかのようです。

お土産屋にも龍馬グッズはてんこ盛り。坂本龍馬を見すぎて違和感が無くなった私は、ついうっかり龍馬チョコを買ってしまいました。

空港で食べる高知グルメ

さて、フライト前にお昼ごはん!空港の2階には御膳料理や鯖寿司の食べられる和食屋さん「土佐料理 司」、干物定食や金目鯛の煮付け「うちんくの食卓」四万十鶏や鍋焼きラーメンの「レストランチャオ」の3店舗の食事処が入っています。食べ忘れた高知グルメがある方はラストチャンス!ちなみにカツオメニューはどのお店にもあります。

タタキや鍋焼きラーメンはもう食べたので、レストランチャオで四万十ポークの照りマヨ丼(1,150円)にしました。脂身まで美味しい豚肉の丼でお腹いっぱいです!

暗雲立ち込める

お腹も落ち着いたので、ロビーで出発時間を待っていると『空港周辺が悪天候なため、着陸できない場合は欠航となります』とのアナウンスが流れる。たしかに、空港から見上げる空は重い雲が重なっています。

数分おきに何度も流れるアナウンスが不安を煽ります。しばらくすると、フジドリームエアラインズの便が欠航との連絡が。文字通り雲行きが怪しくなってきました。

もし欠航になったらどうしよう・・・・。
高知市内に戻ってもう一泊しよう!念の為、欠航時の作戦を立てはじめました。
レンタカーを借りるといくらになるか、今日泊まれそうな宿はあるか、夕飯はどんな高知グルメ食べようか、明日はどこへ行こうかなど楽しく考えて過ごしました。

14:15頃、無事ジェットスターとANAの機体が着陸!空港内は小さな歓声につつまれ、ハイタッチをする人も。延泊の気分で計画立てていためわずかに残念な気持ちもありますが、無事帰ることができそうです。

成田までのフライト

今回利用したのは、こちらのフライト。いつも付けていたオプションセットの内容が変わりお値段が2,500円になっていたので、今回は受託手荷物と席指定を別々で付けてみました。

【行程】
高知空港15:05発→成田空港16:30着
【料金】
9,080円
【内訳】
・運賃7,030円
・受託手荷物料金(15kg)1,280円
・旅客施設使用料金390円
・席指定料金560円
・支払い手数料620円
・前回のバウチャー800円割引

 

無事ジェットスターの機内へ搭乗。あとは1時間25分のフライトのはじまりです。欠航する可能性があるほどの天候だったため、めっちゃ揺れます。

オプションセットを付けていないため、機内販売で使えるバウチャーは無し。いつもバウチャー500円でコーラ&プリングルスを頼んでいたため、それが無いと落ち着かない・・・。ということで、昼のミレービスケット(生姜味)と北川村のゆずサイダー買ってきました!ご当地感マックスな組み合わせです。

日中のフライトは、地上を眺めて楽しめるのですが、今回は悪天候のためひたすら雲景色。窓際を席指定した意味がないような・・・。行きは夜行バスで12時間かかった高知ー東京間も飛行機ならばあっという間。ほぼ定刻通りに成田空港に到着。これにて4日間の高知旅行はおしまいです。

 

今回行った場所

夜行バスで向かい、飛行機で帰るという4日間の高知旅行。期間中ずっとレンタカーを借りていたため、かなり自由にいろいろなところへ向かうことができました。

・事前計画はコチラ
・行きの夜行バスはコチラ
・食べたものはコチラ

1日目:室戸方面

はりまや橋長尾鶏センターキラメッセ室戸室戸廃校水族館アクアファーム、青年大師像、御厨人窟伊尾木洞手結港可動橋、ひろめ市場

2日目:四万十方面

仁淀川(安居渓谷)雲の上のまち檮原海洋堂ホビー館海洋堂カッパ館あきついお

3日目:高知市内

高知城牧野植物園坂本龍馬記念館桂浜水族館若宮八幡宮

4日目:空港周辺

土佐神社アンパンマンミュージアム龍河洞

今回行けなかった場所

3度目の高知でかなり制覇しました!それでもまだまだ行きたいところが残ってます。足摺海底館絵金蔵後免駅アクトランドUFOラインは、次に高知に来たらぜひ立ち寄りたいです。
もし夏に行くなら船が空を飛んで見えるほど海がきれいと噂の「柏島」、条件が揃わないと見ることのできない「宿毛湾のだるま夕陽」、期間限定ですが、砂浜一面にTシャツがなびく「砂浜美術館」なんかもいつか行ってみたいです。

 

この記事を書いた人
chihiro

国内旅行が大好き!車中泊やLCCを駆使して、離島と水族館は100以上・神社仏閣は300以上訪問。都道府県はあとちょっとで3周完了。スケジュール詰め込みがち。実はプログレとソウルが好きなベーシスト。

Twitterやってます!(下のアイコン)
旅行&音楽好きな方にフォローしてもらえると嬉しいです!

chihiroをフォローする
高知県
シェアする
chihiroをフォローする
シマグニノシマタビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました