個性派アニマルが集まる動物園『はまZOO』(浜松市)

静岡県

ライオン、ゾウ、クマ、キリンなど、人気な生き物が集まる動物園。特に、ゴリラやチンパンジーなどをはじめとした霊長類の展示が充実しています。ここでしか見ることができないレアなサル「ゴールデンライオンタマリン」は必見です!

2021/4/18(日)

歴史ある動物園

はまZOOは、舘山寺温泉近くにある動物園。温泉街やかんざんじロープウェイ、浜名湖パルパルなど多くの観光スポットが集まるにぎやかなエリアに位置しています。

はまZOOの歴史は深く、1950年に「浜松こども博覧会」の跡地に造られた浜松市動物園がもとになっています。この頃は浜松城公園に位置していましたが、1983年に現在の舘山寺温泉付近に移転。展示動物の数、面積ともに大幅にパワーアップしました。

園内はなかなか広く、急ぎ足で1時間、ゆっくりまわると2時間以上見ておいた方が良いです。

はままつフラワーパークとも隣接しており、セット券も販売しています。園内に連絡通路もあるため、時間がある方は2園セットでの訪問がおすすめ。「2園めぐる場合は最低でも2時間」とされていますが、かなり急ぎ足になります。3時間程度は見て置いた方がより楽しめそうです。

https://chihirog.com/hamamatsu-flowerpark/

人気者の動物たち

飼育数は多くライオン、トラ、ホッキョクグマなど、人気の動物がたくさんそろっています。

青空をバックに高く首を伸ばしているキリン。雌雄で飼育されており、「オスがちょっかいを出してメスが嫌がる」みたいなドラマがとっても楽しい!

丸っこいバイソン。もふもふとした姿とつぶらなヒトミは。まるで巨大なモルモットみたいに見えます。なんだかとってもかわいらしく思えてきました。

こちらのアジアゾウは、1972年から飼育されている古参。ハマコという名前で、御歳はなんと50歳!竹みたいなものを振り回しており、元気いっぱいです。

なぜか木に抱き着いているツキノワグマ。まるで中に人が入ってるんじゃないかってくらい、狙ったような面白い動きをしてくれます。

豊富な霊長類

数・種類ともに国内有数の飼育数を誇ります。オスのゴリラ「ショウ」は目にかなり特徴的なコブがあるのですが、ずっと寝転がっているため確認できず。

理由はわかりませんが、ひたすら指をなめているチンパンジー。ポテトチップスでも食べたのでしょうか?

妙に面長なサルはドグエラヒヒ。別名、アヌビスヒヒともいいます。かなり大きなキバを持っており、四足歩行を行うという猿っぽくない猿。さらに鳴き声はまさかの「ワン」。もはやサルというよりイヌです。

セクシーポーズをキメているジェフロイクモザル。「目線こちらお願いしまーす」と声をかけたら、ばっちりと向いてくれました!

かわいらしいマーモセット

マーモセットをご存知でしょうか?長い尾を持つ小型のサルで、樹上生活を送っているため、まるでリスのような外観が特徴。動物園ではなかなか珍しい種類ですが、はまZOOでは数種類飼育されています。

耳に白いフサフサした毛が特徴的なコモンマーモット。べろべろと長い舌を伸ばしており、ちょっとだけ妖怪みたいにも見えます。

金色の体毛が美しいゴールデンライオンタマリン。実は、日本ではここでしか見ることができない超レアな動物。30cmほどの小型のサルですが、マーモセットの仲間では大型の部類に入るそう。

アクセスと営業情報

浜松駅から舘山寺温泉行のバス停で約40分、バス停《動物園》下車後徒歩2分ほど。車の場合は、東名高速道路の浜松西ICから15分、舘山寺スマートICからは約3分ほど。駐車場は1回200円。

開館時間 9:00~16:30
休館日 12/29~12/31
料金 410円
公式サイト https://hamazoo.net/

コメント

タイトルとURLをコピーしました