京都から新幹線で一気に東京へ!3日間の京都旅行後記

京都府

初めて利用する京都東京間の新幹線、その利便性の高さは衝撃でした・・・。3日間の京都旅行の振り返り、そして次に行きたいところもまとめてしまいました。

2020/3/29(日)

圧倒的な構造美の京都駅

3日間の旅を終えて京都駅まで戻ってきました。京都に来るたび感じるのですが、京都駅は本当に美しい。とにかくこの構造美は唯一無二。階段を上るだけでわくわくしてしまいます。

建設の際は反対運動が起こっており、今でも否定的な意見をちらちら見かけます。
京都タワーと合わせて、明らかに異質な建築にも感じられます。しかし、京都駅が現代的な巨大建造物であるゆえ、京都駅前に多くのホテルが建つことができたのではないでしょうか。

また、仮に寺社建築風なデザインをしていた場合、最初に京都駅でこのサイズの寺社建築を見てしまうと、他の寺社が控えめに見えてしまうといった懸念点も。

帰りのお供に抹茶ドリンク

京都を去るにあたり急激に抹茶ドリンクが飲みたくなりました!駅構内で抹茶ドリンクを扱っている店を探した結果、新幹線八条口のすぐ近くに祇園辻利を見つけました。

抹茶ミルクではない甘い抹茶ドリンクはないかとメニューを見ていると、目に止まったのは「京ふわわ」。和三盆を使用した甘口の抹茶ドリンクにホイップクリームが乗った見た目も美味しい逸品。しかもこちらは八条口店限定メニューなのです。

 

夢の新幹線

都内までの帰りの交通手段、今回は新幹線を利用しました!

国内旅行を続けている私ですが、実は新幹線を旅行で使用したのは初めて。いつも値段がネックとなってしまい、なかな利用に踏み切れずにいたのですが、ついに決心しました。

実際利用してみると、これまで経験したことのない便利さが浮き彫りに。

【新幹線のメリット】
・予約しなくても大丈夫
・チケットが乗り場で一瞬で買える
・値段が直前でも変わらない
・異常なくらい本数が多い
・座席が広くてのびのび
・ウォシュレット付きのトイレまである
・たったの2時間半で帰れる

お値段は高速バスの倍以上しますが、この快適さはくせになりそうです。快適な車内で、あっという間に東京へ到着しました。

京都旅行の振り替えり

というわけで、3日間の京都旅行もこれでおしまい。せっかくなので往復の移動手段や、食事などを振り返ってみました。

京都への往復手段

行きは夜行バス、帰りは新幹線というこれまでにないパターン。初日は朝7:00に到着、最終日は19:00過ぎまで京都に滞在できるため、日数をフルで活用できます。3日間でもとっても濃厚な旅行ができました。
行きの夜行バスについてはコチラ。

京都へ行くのに夜行バスがおすすめの4つの理由&VIPライナー乗車記
東京から京都に行くなら新幹線がポピュラーですが、リーズナブルに済ませるならやっぱり夜行バス!値段以外にもメリットがたくさんありおすすめの移動手段。実際に体験した乗車記も載せてみました。

京都での移動手段

本来ならばレンタサイクルを借りて、自転車ですいすい移動する予定でした。しかし、天候が安定せず、利用を断念。鉄道やバスなど公共交通機関をメインに移動しました。

京都はバスが発達しており、路線が多いためどこでも行けます。本数も多く、朝から晩まで運行しているためとっても便利!・・・かに見えますが、バスはやっぱり難易度が高いです!
利用者が多く、道路も渋滞だらけのため時間通り動くことが難しいです。ときには30分以上待ったときもありました。

また、バス停の多さも悩みどころ。名前が同じバス停でも、路線によって違う位置にあることもあり、待っていてもここには停車しない、なんてこともありました。

GoogleMapで簡単に経路検索ができるようになったのは凄く便利ですが、思い通りに動けないことは、限られた旅程の中ではなかなかダメージが大きかったです。

京都の食事

食事ができるお店は数多くありますが、意外と迷うのが京都の食事。東京にもチェーン進出しているお店だとなんかもったいない気がするし、かといって老舗は敷居が高かったりとなかなか難しいです。

今回は、ガイドブックやSNSで人気なお店をメインに狙い撃ちしました!Awombの手織り寿司や、牛光の肉寿司、むらじの檸檬ラーメンなど、華やかで美味しい京の食事を堪能できました。

詳しくは、以下の記事にまとめました。とりあえず人気店は予約が大事です。

カラフルな京都グルメを食す! 手織り寿司・レモンラーメン・肉寿司
京都に来たからには他では食べられないものが食べたい!そう思っていろいろめぐっていたら、気づけば写真映えするメニューばかりがラインナップ。手織り寿司、レモンラーメン、肉寿司、ニシンそば、おばんざいバイキングの5つをご紹介します。

宿泊場所

今回もまた、2泊ともゲストハウスを利用しました。
個室でも1泊3,000円くらいで宿泊できるため、とってもリーズナブル。値段ももちろんですが、京都のゲストハウスに泊ると感じる「地元感」が魅力的。ゲストハウスのほとんどは1~3階建てくらいの普通の家。街中に溶け込んでいるため、古都に住んでいるような気持になれるのが良いです。

今回宿泊したのは旅籠廊。とってもきれいで雰囲気の良い宿でした。

コケと盆栽の和モダンな町家ゲストハウス『旅籠廊』(下京区)
清潔な館内とセンスの良い内装の素敵なゲストハウス。和な雰囲気と盆栽で心落ち着ける雅な安宿です。京都駅から徒歩圏内とアクセスも良いので、京都観光の拠点にぴったり。

京都のゲストハウスは新しいところが多く、おしゃれでキレイな印象です。

観光スポットめぐり

普通のエリアなら観光できる時間は9:00~17:00くらいとなることが多いですが、京都の場合はこの枠に収まりません。
観光のメインとなるお寺や神社は、どちらも早朝から開門しているところが多く、朝イチで観光が可能。また、夜もライトアップなどを行っているところも多数。京都の1日は長いのです。

また、神社仏閣以外のスポットも織り交ぜると、気分転換に良いです。
今回は、京都市動物園やパペポミュージアムがその役割を担ってくれましたが、他にも京都水族館や鉄道博物館、京都タワーや京都府立植物園なども良さそうです。

今回の旅程

3日間で訪れたスポットの記事を羅列してみました。割と思い通りに行けてほくほくです。

3/27(金):1日目

水に浮かぶシンメトリーの美学『平等院鳳凰堂』(宇治市)
鳳凰が翼を広げたように広がる鳳凰堂。池に浮かぶ様に建つその姿は極楽浄土を表しています。内部拝観も可能なので、時間を調整して訪問するのがおすすめです。
平安の香りを感じるウサギの散策路『さわらびの道』(宇治市)
朝霧橋、宇治神社、宇治上神社、源氏物語ミュージアムを繋ぐ、宇治の観光スポットが連なる道。源氏物語にも所縁のある風情ある散策路です。平等院鳳凰堂を拝観した後、この道を通って京阪宇治駅へ向かいました。
カラフルなくくり猿と体内に潜む虫の話『八坂庚申堂』(東山区)
色とりどりのくくり猿がインパクト抜群な小さなお寺。SNSで人気のスポットですが、庚申信仰発祥の地でも有ります。体内に「三尸」という3匹の虫が住んでいるという不思議な考えにもふれてみました。
京の東を守る龍と神様のオンパレード『八坂神社』(東山区)
全国に約2,300社あるという八坂神社の総本社で、祇園祭でも知られる京都を代表する神社。都の東を守護する「青龍」を司っており、龍や水と深い関りがあります。たくさん並んだ境内社は多種多様な神様が祀られており、見応え抜群。
圧巻の巨大建築とそこにまつわる七不思議『知恩院』(東山区)
とにかく大きな三門が目につく浄土宗の巨大寺院。境内に進むとさらに大きな御影堂もあります。伽藍のスケールに目を奪われがちですが「七不思議」をはじめ、細部にも見どころが詰まっています。
京都最強!?幸せつまったインスタ映えスポット『パペポミュージアム』(中京区)
京都で寺社以外の観光って何かあるの?そんな疑問に強烈なアンサーをぶつけるのがこちらのスポット。パペポという不思議な響きを持つミュージアムは100%写真映えする空間。「日本一ハッピーな場所」そんなキャッチフレーズを掲げています。
ファンタジックな花の城と夜桜『二条城ライトアップ』(右京区)
大政奉還をはじめ、時代の転換を見てきた歴史ある建造物。春の夜間拝観期間は、NAKEDの力で幻想的でカラフルな姿に変身!華やかなライトアップと、様々な種類のサクラを楽しめるナイトスポットです。

3/28(土):2日目

比叡山延暦寺 Part 1 悩むアクセス手段 車無しで朝一番に向かうには? (大津市)
琵琶湖を望むようにそびえる比叡山山頂に並ぶ寺院。車無しで訪問する場合の交通手段「ドライブバス」と「ケーブルカー&ロープウェイ」を比較してみました。
比叡山延暦寺 Part 2 仏教オールスターが修行した地『東塔』 (大津市)
京都駅からドライブバスで向かう延暦寺。最初に訪れたのは中心となる東塔。延暦寺の中心となる根本中堂や、延暦寺で修行した名僧の像が並ぶ大講堂、あの番組でおなじみの鐘など見どころも多く、最もにぎわっているエリアです。
比叡山延暦寺 Part 3 過酷な修行の場とおみくじ発祥の地『西塔&横川 』 (大津市)
東塔に続いて西塔(さいとう)と横川(よかわ)へ。厳しい修行が行われる「にない堂」や、おみくじ発祥の「元三大師堂」を巡ります。3エリア周った後は、ロープウェイ&ケーブルカーを利用して京都市内へ帰ります。
古都のアニマルワールド『京都市動物園』(左京区)
長い歴史を持つ、京都市街地の動物園。ゴリラやゾウをはじめ人気の動物が勢揃い。神社やお寺を周り過ぎて疲れてしまったら、動物に会って息抜きしてみるのも楽しい京都旅になるのではないでしょうか。
白砂のアートと緑色の苔の庭園『慈照寺 銀閣』(左京区)
派手さはありませんが、細部に宿る繊細さは見ごたえ充分。銀閣こと観音殿、白い砂で造られた銀沙灘、そして苔の庭園とシックな見どころが並びます。感性が磨かれる寺院です。
五重塔&夜桜ライトアップと立体曼荼羅『東寺(教王護国寺)』(南区)
京都駅の程近く、日本一の木造五重塔を有するお寺。春の夜間拝観期間中はサクラや塔が幻想的にライトアップされています。21体の仏像が並ぶ立体曼荼羅は圧巻です。

3/29(日):3日目

五爪の龍と四季の花『天龍寺』(嵯峨野/嵐山)
足利尊氏と後醍醐天皇に関わりの深い嵯峨野嵐山を代表する大きな寺院。3月のサクラをはじめ、数多くの花が咲き乱れる花の寺でもあります。天井を覆い尽くす巨大な雲龍図は必見です。
想いが詰まった1,200体の石像と3つの鐘『愛宕念仏寺』(嵯峨野/嵐山)
嵐山の奥地にひっそりと佇む愛宕(おたぎ)念仏寺。境内にずらりと並ぶのは、表情豊かな1,200体もの羅漢像たち。どこかコミカルなハンドメイドの石像には、お寺の復興をかけた想いが詰まっています。
無数の石塔と竹林と苔庭とトーラナ『あだし野念仏寺』(嵯峨野/嵐山)
奥嵯峨野に位置する化野(あだしの)は、古来より人々の葬送の地。西院の河原にずらりと並ぶ石塔は、無縁仏を弔うために集められました。異国を感じるトーラナや苔の庭、そして竹林の道など見所の多い寺院です。
苔が織りなすモスグリーンの世界『祇王寺』(嵯峨野/嵐山)
苔むした庭園や竹林が美しい嵐山の古刹。寺院というより山の中の庵といった素朴な雰囲気で、ほっとする場所です。そんな穏やかな空気の寺院ですが、平家物語の悲しい恋の話が残っています。
日本全国のヘアーの願いを受け止める『御髪神社』(嵯峨野/嵐山)
日本で唯一の「髪」の神社。嵐山の小倉池のほとりで、現代人の頭髪に対する不安や悩みを一手に引き受けています。切実な願いがこもった絵馬も見どころのひとつ。日本に7か所ある理容遺産の1つでもあります。
”花手水”を見るならアクセス良好な『勝林寺』がおすすめ!(東山区)
手水に花を飾り付けた「花手水」。カラフルな花に彩られた手水はとっても華やかです。いくつかの寺院で行っている催しですが、京都市内で気軽に見るなら勝林寺がおすすめ。アクセスしやすさと開催期間が長いのがポイントです。

次に行きたいところ

修学旅行などを除いたら、2回目となる京都旅行。行きたいところはかなり抑えられましたが、まだまだ足りません。次に行きたいところをさらっと書き出してみたのですが、次々と出てくるため文字を打つ手が止まらなくなってしまいました。

<次に行きたいところ>
西本願寺、東本願寺、三十三間堂、上賀茂神社、下鴨神社、永観堂、陶板名画の庭、京都府立植物園、京都国際マンガミュージアム、京都御所、竜安寺、鈴虫寺、西芳寺、松尾大社、石清水八幡宮、単伝庵(らくがき寺)、城南宮、東福寺、北野天満宮、蚕ノ社、車折神社、モンキーパーク、鉄道博物館、伏見桃山御陵、伏見桃山城・・・少し足を延ばして大原・美山・高雄エリア

普通、旅から帰ると満足してしばらくは落ち着くのですが、今すぐにでもまた京都に行きたい気分。京都への欲がおさまることは当分なさそう。

この記事を書いた人
chihiro

国内旅行が大好き!車中泊やLCCを駆使して、離島と水族館は100以上・神社仏閣は300以上訪問。都道府県はあとちょっとで3周完了。スケジュール詰め込みがち。実はプログレとソウルが好きなベーシスト。

Twitterやってます!(下のアイコン)
旅行&音楽好きな方にフォローしてもらえると嬉しいです!

chihiroをフォローする
京都府
シェアする
chihiroをフォローする
シマグニノシマタビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました