知床滝めぐり初級編 フレペ・三段・オシンコシンの滝(斜里町)

北海道

個性豊かな滝が多く集まる知床エリアですが、その多くはなかなか険しいところにあります。そんな中でも、簡単にアクセスできる3つの滝をご紹介。知床五湖を訪れたついでに、ちょっと足を延ばして滝めぐりをしてみてはいかがでしょうか。

2017/5/3(水)

知床と言えば滝

世界遺産に登録されている知床エリア。ヒグマやオオワシ、シャチといった様々な動物に出会ったり、貴重な植物を観察したりと自然生物を身近に体感できる場所です。

そんな知床ですが、実は滝がたくさんあるのは意外と知られていません。

いずれも個性的な特徴を備えており、滝マニアでなくてもその魅力に気づくことができる滝ばかり。知床に来たら、ぜひともめぐりたい・・・・と思ったのですが、アクセスがなかなかハード。

温泉の滝であるカムイワッカ湯の滝は、GWは道が開通していないのでアクセスできません。また、カシュニの滝カムイワッカの滝(※湯の滝とは別)はクルーズ船でしか見ることができません。

というわけで、今回は車があれば簡単にアクセスできる3つの滝をご紹介いたします!すべて知床五湖に向かう334号線上。同じ道路沿いなので、知床五湖と合わせての訪問がおすすめです。

断崖を流れるフレペの滝

フレペの滝を見るには、知床自然センターから遊歩道を歩いていきます。知床の自然を紹介しているビジターセンターで、企画展示室やカフェも備えています。

15分ほど歩くと、東屋の建つ展望台が見えてきました。でも滝の音が全く聞こえてきません。そして、見渡す限り平坦な草原。こんなところに本当に滝があるのでしょうか。

不審に思いながら展望台から下を覗くと、迫力ある断崖が広がっています。実は、こちらがフレペの滝

かろうじて岩伝いに水がちょろちょろ流れてます。本日は水量が少なくてほとんど見えません!

雨が少なかったのでタイミングが悪かったのかな、と思ったのですが、もともとフレペの滝はそれほど水量が多いわけではないそう。その儚げに流れる様子から、別名『乙女の涙』とも呼ばれています。

ところでフレペってどういう意味?Webで見つけたアイヌ語辞典によると「フレ=赤」「ペ=者」。『赤い者』でしょうか!?「ペッ=川」という言葉も見つけました。もしかしたら『赤い川』かもしれません。

崖の上にはツートーンカラーが印象的なウトロ崎灯台が。

散策路を進むともう少し灯台に近づくことができそうですが、日が暮れてきたので今日はここまで。帰りはちょっと急ぎ足。こんな誰もいない知床の森の中、くまさんに出会ったら命の危機です。

駐車場からの合計所要時間は約45分。夕暮れどきで誰もいない遊歩道は、知床五湖よりも自然の中を歩いた気分になれました。

3連の流れが美しい三段の滝

お次は三段の滝。こちらの滝は道路沿いなのでらくらくアクセス。路肩に設けられた駐車場からすぐのところには、三段の滝を見るための橋がかかってます。

名前の通り三段階になっている滝。かなりコンパクトな滝です。

この滝は、橋の下を抜け、車道をくぐり、すぐ海へと落ちていきます。このような滝を「海岸瀑(かいがんばく)」と呼びまが、実はとても珍しい滝なのです。知床には先ほどのフレペの滝や、カムイワッカの滝、そしてこの三段の滝と複数存在していますが、他には屋久島のトローキの滝や伊豆の対馬の滝くらいしかないようです。

 

白糸のように広がるオシンコシンの滝

こちらも三段の滝に続いて車道からすぐのお手軽滝。駐車場がきちんと整備されているので、ドライブついでにささっと立ち寄ることができます。

ちょっとだけ階段を登ります。もう既に滝見えてます。

落差50m・幅30mとかなり大きな滝です!スライダーのように岩肌を水が滑り落ちていきます。近づくと水しぶき飛び散るので、暑い日には気持ち良さそう。

さて、妙に印象的な「オシンコシン」という言葉はどういう意味なのでしょうか。アイヌ語辞典で調べてみるものの、該当する言葉が見つかりません。

どうやら「オ・シュンク・ウシ」で『エゾマツの生えているところ』という意味らしい。アイヌ語をカタカナにするのって難しい。


これにて知床滝めぐり初級編はおしまい。今回はお手軽に見られる3ヶ所に留まりましたが、いつの日にか他の滝へも行ってみたいです。

明日は網走&北見&紋別をめぐっていきます。

コメント

  1. 英語学習ひろば より:

    旅行に関する調査結果共有

    突然の問い合わせ失礼いたします。
    英語学習ひろばというサイトの管理人を行っている、ケントというものです。今回、こちらのページを拝見し、とても良い記事だと思い、問い合わせをさせていただきました。

    普段は英語に関する記事のみ発信しているのですが、弊社サイト内の”調査記事”カテゴリでは様々なジャンルの調査結果を公開しており、今回こちらのページ( https://hitononayami.com/domestic-travel-research/ )では弊社独自に行った、コロナ過における旅行の意識調査に関する調査結果を掲載しております。
    このような調査結果を取り入れて掲載することで、御社のページの信頼度も向上するかと思い、問い合わせさせていただきました。
    引用のリンクを張っていただければ、こちらの調査結果を使用していただいて問題ありませんので、是非ご検討ください。

    また、弊社では普段から英語の記事をメインで作成しており、旅行に関する情報をあまり掲載していない事から、今回の弊社調査記事をリンク込みで紹介してくださった方の中から2サイトを、今回の調査記事(https://hitononayami.com/domestic-travel-research/)下部で、おすすめのサイトとして紹介させていただければと考えております。
    まだまだ成長中のサイトですが、ドメインパワーはAhrefsで現在41あり、月間PVは3万以上ありますので、ご迷惑かけることはないかと思います。
    ご希望の方は今回の調査記事をリンクし紹介したページURLと一緒にメールにてお返事いただけると助かります。
    こちらは、5月10日で締め切り、最も良いサイト2つを今回の記事下部で紹介させていただきますので、ご検討のほどよろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました