久賀島 Part 1 悩むアクセスと島での移動手段 (五島市)

五島列島

奈留島から福江島に着いた後は、バイクをレンタルして久賀島へと渡ります!五島列島の他の島に比べてアクセス手段、島内での移動手段ともに選択肢が非常に少ないため、訪問難易度は高め。事前計画必須な島です。

訪問日:2019/7/22(月)

久賀島ってどんな島?

久賀島地図
久賀島(ひさかじま)は五島列島でも3番目に大きい島。
その面積とは裏腹に、人口は400人ほどとかなり少なめで、島の大部分に手つかずの自然が残っている素朴な島です。

他の島に比べるとアクセス手段が少なく、宿泊施設もおそらく1箇所しかありません。島内にはお店などもほとんど無く、秘境感が漂う島です。

この久賀島は五島列島の中でも特に激しいキリシタンの歴史を持ちます。
そんな潜伏していた信徒たちに関わる旧五輪教会をはじめとした4つの教会がメインの観光スポット。もちろん世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として、五島列島の他の集落同様に、この島の「久賀島集落」も登録されています。

悩むアクセス

久賀島には、五島列島の島々をめぐる博多発のフェリー太古が停泊しません。また、長崎や佐世保からの高速船&フェリーもありません。
福江島から出港している木口汽船のフェリーひさかまた高速船シーガルのどちらかを利用することになります。どっちも派手なカラーリングなので、港ですぐに見つかります。

フェリーひさか

フェリーひさか

シーガル

シーガル

福江島から久賀島への便は、フェリーとシーガル合わせると1日6往復。
【往路:福江島→久賀島】
①フェリー福江島(奥浦)7:30⇒久賀島(田の浦)7:49
②シーガル福江島(福江)9:10⇒久賀島(田の浦)9:30
③シーガル福江島(福江)12:05⇒久賀島(田の浦)12:25
④フェリー福江島(福江)13:35⇒久賀島(田の浦)14:09
⑤シーガル福江島(福江)16:45⇒久賀島(田の浦)17:05
⑥フェリー福江島(奥浦)16:50⇒久賀島(田の浦)17:09
【復路:久賀島→福江島】
①フェリー久賀島(田の浦)8:00⇒福江島(福江)8:34
②シーガル久賀島(田の浦)9:35⇒福江島(福江)9:55
③シーガル久賀島(田の浦)12:30⇒福江島(福江)12:50
④フェリー久賀島(田の浦)14:35⇒福江島(奥浦)14:54
⑤シーガル久賀島(田の浦)17:10⇒福江島(福江)17:30
⑥フェリー久賀島(田の浦)17:20⇒福江島(奥浦)17:39
フェリー利用の場合、福江港より車で20分ほどのところにある「奥浦港」発着の場合もあるので注意。

こう見ると便数は多く感じますが、旧五輪教会へ行くとなると滞在時間は最低でも2時間は必要。日帰りで行く場合は、実質以下のの4パターンのどれかになるかと思います

【A】滞在時間4時間41分
往路①フェリー福江島(奥浦)7:30⇒久賀島(田の浦)7:49
復路③シーガル久賀島(田の浦)12:30⇒福江島(福江)12:50
【B】滞在時間3時間
往路②シーガル福江島(福江)9:10⇒久賀島(田の浦)9:30
復路③シーガル久賀島(田の浦)12:30⇒福江島(福江)12:50
【C】滞在時間2時間10分
往路③シーガル福江島(福江)12:05⇒久賀島(田の浦)12:25
復路④フェリー久賀島(田の浦)14:35⇒福江島(奥浦)14:54
【D】滞在時間2時間59分〜3時間11分
往路④フェリー福江島(福江)13:35⇒久賀島(田の浦)14:09
復路⑤シーガル久賀島(田の浦)17:10⇒福江島(福江)17:30
(もしくは復路⑥フェリー久賀島(田の浦)17:20⇒福江島(奥浦)17:39)

久賀島へ向けて出発!

今回は奈留島から11:20に福江に着いた後、13:35福江発のフェリーひさかにて向かう【D】にします。

どピンクのとっても目立つフェリーひさかに乗船。所要時間は34分、お値段は780円。運賃は船内での支払いなので、事前にチケットを購入する必要はありません。
フェリーひさか客室

客室は思っていたよりずっとコンパクト。乗船時間も短いので、屋外のデッキで地元の方とおしゃべりしながら過ごしました。

フェリーひさかデッキ

久賀島の港、田の浦港に到着。びっくりするほど何もありません。バス停のような小さな待合室があるくらいです。
久賀島の港

島での移動手段

久賀島は大きな島ですが、移動手段の選択肢がとても少ない。

レンタルバイクは無く、唯一のレンタカー屋さん久賀島レンタカーだと、軽自動車が3時間 3,780円。奈留島と同じく久賀島でもEVのレンタルやってます。(コムス・イソラ)お値段は1日3,000円。

滞在時間は3時間ほどなので、1日単位のEVを借りてしまうのもちょっともったいない。また、レンタカーも少しお値段が張ります。ということで、福江島にてレンタルバイクを借りて、フェリーひさかに載せて運ぶことにしました。

レンタルバイク

バイク輸送の運賃は840円、往復だと1,680円となるので、久賀島で借りるより少しお得です。久賀島から帰ってきたあとは福江島をまわる予定なので、このプランが一番リーズナブルとの計算に至りました。

また、フェリーひさかはもちろん、高速船のシーガルでも原付を載せることは可能です。
余談ですが、今回、久賀島へ行くにあたり、福江島⇔久賀島航路を持つ木口汽船にメールで問い合わせたところ、とても丁寧かつ親身になって色々と教えてくれました!ありがとうございました!

ランキングサイトに登録はじめました!クリックするとポイントが入るらしいので、いいね感覚で押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ

この記事を書いた人
chihiro

国内旅行が大好き!車中泊やLCCを駆使して、離島と水族館は100以上・神社仏閣は300以上訪問。都道府県はあとちょっとで3周完了。スケジュール詰め込みがち。実はプログレとソウルが好きなベーシスト。

Twitterやってます!(下のアイコン)
旅行&音楽好きな方、気軽にフォローしてください~

chihiroをフォローする
五島列島
シェアする
chihiroをフォローする
シマグニノシマタビ

コメント

  1. […] フェリー太古を利用して早朝に到着した奈留島。人生初めてとなるEV(電気自動車)のCOMS(コムス)をレンタルして、さくっと島内観光へ。滞在時間約3時間半でめぐります。 【五島列島⑮】久賀島 Part 1 悩むアクセスと島での移動手段 (五島市) […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました