田園風景に浮かぶ3つの巨大メロン『七城メロンドーム』(菊池市)

熊本県

大きなメロン型のドームがインパクト抜群な道の駅。内部はメロンのお菓子やジュースなど様々なメロン加工品の目白押し。果肉たっぷりのメロンソフトは絶品です!

営業時間:9:00〜18:00
公式サイト:http://www.melondome.co.jp/
2019/10/4(金) ※掲載内容は当時のものです

メロン県のくまもと

熊本県の北部・菊池市七城町の田んぼの真ん中に突如現れる3つの緑色の球体。まるでガスタンクのようですが、よく見るとメロン!

こちらは道の駅・七城(しちじょう)メロンドーム。3つのメロンのうち2つが道の駅の物産館、1つはトイレになっています。

メロンときくと北海道のイメージが強い方も多いかとおもいますが、実は熊本県は、茨城県、北海道に続く全国3位の収穫量を誇るメロン県。

参照:https://www.kudamononavi.com/graph/category/ca=40

中でも、ここ七城町は数多くのメロンを産出する一大産地。白く小粒な「ホームランメロン」、シャキシャキした触感の「肥後グリーンメロン」、そして見た目の美しさにもこだわった高級フルーツ「七城アールスメロン」と3種類のメロンを生産しています。それぞれ出荷時期がずれているため、長い期間旬なメロンを楽しむことができるのです。

豊富なメロン加工品

内部は道の駅らしく農産物やお土産が並んでいます。目立つのはやっぱりメロンケーキやメロンカステラ、メロンラングドシャ、メロンわらびもちなどのメロン関連商品。お菓子だけでなく、メロンそうめん、メロンドレッシングなどの味の想像がつかない攻めたラインナップも。

私はうっかりメロンカレー(650円)を買ってしまいました。甘口で美味しいレトルトカレーです。

メロンを味わう

メロンドーム内には、その場で食べられるメロングルメも。

館内にある生ジュース屋さんでは、もちろんメロンジュースあり。果肉たっぷりの生しぼりメロンジュースは暑い日には最高です。

ベーカリーには七城メロンの果汁を使用したメロンパン。名実ともにメロンパンなので、「メロンパンって全然メロンの味しないよね?」と思っていた方も納得できるはず。

中でも一番人気のメニューはこちら、とりで農園の生メロンソフトクリーム。冷凍のメロンの果肉と、メロンシャーベットをミックスしたソフトクリーム。コーンかカップか選べます。お値段は400円。

ひと口食べると広がるメロンの芳醇な香り。そして、果肉がシャリシャリで美味しい!!!ソフトが溶けると口に残るのはメロンの果肉。1口で2度おいしいメロンソフトでした。

なお、レストランでは名産の米を使用した米麺ちゃんぽん、太平燕(タイピーエン)、郷土料理のだご汁などのメニュー。メロン嫌いの方、甘いものニガテな方はこちらを。

選ばれし七城メロン

この道の駅では、タイミングが良いと、メロンの仕分け作業を見学することもできるそう。もし作業中でなくても、仕分け場はガラス窓から覗くことができます。

大きく掲げられているのは、メロンの糖度を表示する電光表示板。光センサーによる糖度検査を行い、糖度14度以上のメロンだけが「七城メロン」として出荷されるそう。

尋ねてみたところ、朝にここで仕分けし、合格したものを店頭に並べているらしい。毎日ではないとのことですが、仕分けを見学するには朝が狙い目のようです。

白いくまもん

並べられた真っ白なくまもん。こちらはスチロールの保冷ボックス。購入した商品を入れて持ち帰ったり配送したりするのに仕様するケースだそう。

浅い方が600円、深い方が650円とお値段もお手頃。こんなケースでプレゼントされたらわくわくしてしまいそうですね。すぐに写真に撮ってSNSにアップしたくなります。

くまもんは白い状態なので、その後アクリル絵の具で色を塗って完成させることもできるそう。余談ですが、発泡スチロールを塗装するときは、うっかりラッカースプレーを使用するとブクブクと溶けるのでご注意くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました