八丈島 Part 5 アーティスティックな隠れ家ゲストハウス『銀河荘』

八丈島

八丈島の森の中に隠れるように建つ素泊まりゲストハウス。アーティストのけいこさんが手がける、不思議な魅力が詰まった帰りたくなる宿です。開放的なウッドデッキで見上げる夜空は忘れられない思い出になります。

2016/09/17(土)~9/18(日)

森の中の銀河荘

今回八丈島で2泊したのは銀河荘という素敵な名前のゲストハウス。シルバーウィークだったので、宿がなかなか取れず苦戦していた中、ダメ元で電話したところ無事予約ができました。素泊まり4,000円のゲストハウスです。

銀河荘の場所は少しわかりにくく、今回私はレンタルバイクのモービルレンタカーにて宿主のけいこさんと待ち合わせて車で誘導してもらいました。

山の中にあるのでバイクだと直接乗り入れできません。麓のピザ屋さんPARADISOに駐車させてもらうことになります。
PARADISOから銀河荘までの山道は非常に険しい!斜面こそ少ないのですが、生い茂った木の中を進みます。自動車でもガッタンガッタンと揺れます。

銀河荘につきました!木々に囲まれて隠れるように佇んでおり、まるで隠れ家のようです。

リゾート感あふれる館内

こちらが共有スペースのリビング。2階の客室と吹き抜けになっており、とっても素敵です。

こちらが今回泊ったお部屋。間接照明や日差し除けがなんだか洒落てます。

到着してすぐに牛スジ汁とトウモロコシとコーヒーいただいてしまいました。昨晩の残り物とのことですが、お腹すいていたので嬉しい!

素泊まりとはいえとてもサービスが良い銀河荘。他にも「シュノーケルあるよ」「日焼け止めつかう?」とけいこさんのサービス精神が止まりません。さらに洗濯機も自由、そして乾燥機も自由!これはとってもありがたいです。

銀河荘名物ウッドデッキ

最高なのがこの広々としたウッドデッキ!!!海を見渡しながらごろんと寝転がることもできちゃいます。

昼間は照りつける太陽と海風がとっても気持ち良いですが、このウッドデッキ最大の魅力は夜!!

ここは街の明かりも街灯も無いため、夜空を眺めるのに最高のスポット。しかも、ブランケット&クッション使用可能。もうこのままここで眠ってしまいそうです。

月がまぶしすぎる日だったので、星はほとんど見えません。でも、満月を眺めながら外で寝転がるのって最高に心地よいです。天気が良いと天の川も普通に見えるそう。

漂うアートの香り

銀河荘のけいこさんはアーティスト。ゲストハウス内には彼女の素敵な作品があちこちに飾ってあります。

そして、突如現れるのはカゴに入った石膏像!これ、なんとドアストッパーとして機能しております。

リビングにはスケッチブックと色鉛筆がたくさん置いてあります。せっかくなので絵を描いてみよう!ということで、初日の夜に登龍峠から見た夜の八丈島を描いてみました。テーマは「夏休みの絵日記」。

絶品のピザ屋さん

銀河荘は素泊まりなので夕食は各自調達、もしくは外食するのが基本となります。せっかくなのでバイクを停めさせてもらっているピザ屋さんPARADISOに食べに行くことにしました。

こちらがピザ屋さんPARADISO。夜22:00まで営業してるのがとってもありがたいです。

メニューの種類が多くて迷いますが、けいこさんオススメのクアトロフォルマッジにしました。4種類のチーズと、好みでハチミツをかけて食べる甘口のピザ。幸せになる味です。直径30cmくらいあり1人で食べきれるかちょっと不安でしたが、生地が薄めなのでぺろっと余裕でした。

銀河荘に泊まってることを伝えると、サービスでピクルスがもらえます!私の苦手な野菜ばかりだったのですが、味付けがとっても良いおかげで、美味しく完食できました!

 


けいこさんともいろいろ話せたし、またぜひ泊まりに行きたくなる居心地がよいゲストハウスでした。まさに「帰りたくなる宿」です。

ランキングサイトに登録はじめました!クリックするとポイントが入るらしいので、いいね感覚で押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ

この記事を書いた人
chihiro

国内旅行が大好き!車中泊やLCCを駆使して、離島と水族館は100以上・神社仏閣は300以上訪問。都道府県はあとちょっとで3周完了。スケジュール詰め込みがち。実はプログレとソウルが好きなベーシスト。

Twitterやってます!(下のアイコン)
旅行&音楽好きな方、気軽にフォローしてください~

chihiroをフォローする
八丈島
シェアする
chihiroをフォローする
シマグニノシマタビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました