コスパ最強の民宿『ティダの宿 福』と奄美名物『鶏飯』(名瀬)

奄美群島

リーズナブルでほっとする個室タイプの民宿。名瀬の市街地にあるため、食事や買い物には困ることはありません。島内の各観光スポットへもアクセスしやすいなかなか好立地なお宿です。初日の夕飯はやっぱり「鶏飯」でいきます!

料金:1名1,800円、2名1,500円
2018/5/16(水)

予約が取りやすい穴場な民宿

今回奄美大島に4泊することにしたのですが、4泊分空いている宿がなかなか見つかりません。

そんな中みつけた、とにかくリーズナブルな宿がこちらのティダの宿 福。予約サイトなどには登録されていないためか、4泊すんなり予約することができました。料金は個室2名利用で1人1泊1,500円!4泊しても6,000円!これはありがたい数字です。

普通の一軒家の1階3部屋をつかった民宿で、おじぃとおばぁが出迎えてくれるアットホームな雰囲気のお宿です。

くつろげるお部屋

お部屋は、2段ベッドのある個室タイプ。独特のセンスで装飾されておりますが、不思議と落ち着きます。部屋にはテレビもあります。

エアコンは120分200円のコイン式。さらに扇風機もあります。おさかなポスターもあるので、海で見つけた魚の名前も調べることができます。

エアコンつけるかと思いきや5月はまだ扇風機でなんとかなりました。また、物干しがちょうど扇風機の風を受けてくれる位置にあるので、部屋干しでもすぐ乾きます。

これで1泊1,500円は異様なほど安いです!

ちなみに部屋のカギは南京錠です。

ばっちりそろった共有設備

お風呂はこちら。特に時間制限などはなさそうなので、好きなときに入れます。

「ボテーイ」やばい、こういうの大好き!!!

トイレもウォシュレット付きできれい。

洗濯機は1回200円。他には、冷蔵庫、レンジ、オーブンなど共用の家電は一通りそろっています。

駐車場は1日300円。無料ではないのですが、もともとの宿泊料金が安いのでぜんぜん気になりません。

ちなみにリビングなどの共有スペースは無いため、旅人同士の交流は生まれにくいです。カップルや友達との旅行や、マイペースに旅したい人向けかも。

コンビニ間近!快適な立地

名瀬の市街地へも歩いて10分ほどでアクセスできます。夕飯やちょっとした買い物がしやすくて何かと便利。
島んちゅマートというローカル感たっぷりのコンビニがすぐ近くにあります。

豚味噌やポークのおにぎり、そして奄美のご当地ドリンクミキも買えます。

このミキ、大好きなのです!あまーいお米のどろっとしたドリンク。言い換えるならば、ライススムージーでしょうか。かなり甘口なので、よく冷やしてから飲むとちょうど良いです。

夕御飯は「鶏飯」

さて、夕御飯は奄美大島名物の「鶏飯(けいはん)」を食べよう!ということで、ティダの宿から歩いて10分ほどのところにある鳥しんにしました。

お通しはゴーヤ味噌ともずく酢。最初からご当地感全開で、旅行者には嬉しい。初めて食べるゴーヤ味噌は味噌ピーナッツの味でした。

まずは、鶏飯のトッピングが到着です。鶏肉、玉子、海苔、ネギ、しいたけ、パパイヤ漬物、レモンの皮の7種類。

そしてお櫃に入ったご飯とあつあつのスープが到着。

ご飯をお椀の半分くらいによそったら、トッピングを乗せてスープをかければ完成!シイタケの甘さ、パパイヤの食感が絶妙です。

ご飯の量が多いかな?と思ったのですか、お茶漬け感覚でさらっと食べれます。さっぱりしているので飲んだあとの〆にも抜群だと思います。

他にも黒豚パパイヤ丼や油ソーメンなど、ご当地感あふれるメニューがたくさん。また行きたいお店です。


奄美大島1日目はこれにて終了です。トカラ列島の疲れも残っているので、今日はゆっくり寝ます。

ランキングサイトに登録はじめました!クリックするとポイントが入るらしいので、いいね感覚で押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ

この記事を書いた人
chihiro

国内旅行が大好き!車中泊やLCCを駆使して、離島と水族館は100以上・神社仏閣は300以上訪問。都道府県はあとちょっとで3周完了。スケジュール詰め込みがち。実はプログレとソウルが好きなベーシスト。

Twitterやってます!(下のアイコン)
旅行&音楽好きな方、気軽にフォローしてください~

chihiroをフォローする
奄美群島
シェアする
chihiroをフォローする
シマグニノシマタビ

コメント

  1. […] 今回4泊するティダの宿に帰ってきました。今日も早く寝ます!! […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました