あざらしとフウセンウオがごろごろ『ノシャップ寒流水族館』(稚内市)

北海道

稚内のノシャップ岬にある日本最北の水族館。冷たい海に暮らすユニークな生き物がたくさん集まっています。アザラシとフウセンウオを見ていると、あっという間に時間が過ぎていきます。

2017/5/5(金)

ノシャップ岬の水族館

イルカと時計のモニュメントでおなじみのノシャップ岬。最北端の宗谷岬と対をなすように位置している突端で、天気が良いと利尻島や礼文島まで見渡すことができます。

そんなノシャップ岬にはノシャップ寒流水族館があります。なんでもとにかく最北のこの街、もちろんこちらも最北の水族館となります。背後には紅白の稚内灯台がランドマークのようにそびえています。

根室にある最東端は納沙布(のさっぷ)岬と名前が似てるので間違えないようにご注意ください。なお、ノシャップ岬を漢字で書く場合は「野寒布岬」となります。

ごろごろゴマフアザラシ

入館するとすぐ目に入るのは屋外の水槽。そこにごろごろと転がっているのはアザラシ

やる気ゼロでもう何もしたくない感じです。たまにめんどくさそうにこちらをチラっと見てきますが、基本的に顔しか動きません。

ほとんど動かないアザラシを見ていると、こちらも脱力感に襲われます。今日はもうココでずっとアザラシ見てようかな、という気持ちになってきました。

この時期はアザラシにとって毛が生えかわる季節。とにかくだるくて何もする気がおきないのだと思います。

なお、夏季は餌やり体験も行っています。エサを持って近づくと、急激にやる気スイッチがオンになり、飛び跳ねる姿を見ることができるそうです!

冷たい海の生き物たち   

昔ながらの水族館といった雰囲気の館内。北の水族館らしく、クリオネなどの冷たい海の生き物たちが暮らしています。

とげっとげなアツモリウオ。平敦盛の鎧に似ていることからこんな名前なんです。なお、平敦盛と戦った武将・熊谷直実にちなんだクマガイウオという名のサカナもいます。

とげっとげなキタムラサキウニ。エゾバフンウニと並び、北海道の食用ウニとして代表的な種類です。

とげっとげなマナマコ。エウオプロケファルスなどの鎧竜みたい・・・いえ、ゴーヤでしょうか。

ぐるぐる回遊水槽

魚がぐるぐるまわり続ける回遊水槽。日本各地の水族館で見かける、そんなに珍しくないタイプの水槽です。しかし、ここで泳いでいるサカナはオリジナリティあふれています。

幻の魚とも呼ばれるイトウ。最大で2mにもなるといわれる日本最大の淡水魚。ぐんぐんと泳いでいく姿は迫力満点です。

オオカミウオもぐるぐるしてる!鋭い歯を持ち怖い顔をしてますが、性格は大人しいそう。

ツートーンのヒレがおしゃれなマツカワカレイもぐるぐる泳ぐ!大型で味も良いため、鰈の王様とも呼ばれるサカナです。

たっぷりフウセンウオ

アザラシと並ぶもう一種の主役はフウセンウオ。名前の通り丸っこいカタチをしたサカナなのですが、腹ビレが吸盤のように進化しておりあちこちにくっついています。

ふよふよと泳ぎ、ピトッとくっつく様子は見ていて飽きません。ここでは繁殖も成功しており、小さくてかわいらしい稚魚も展示されていました。

稚内市青少年科学館

ノシャップ寒流水族館の隣には、稚内市青少年科学館があります。水族館と共通券なのでちらっと寄ってみました。

基本的にはこども向けの展示が多く、ポップで楽しい雰囲気の科学館。水族館と合わせて子供連れには良いスポットですね。

館内の一画にある南極展示コーナーは、大人でも楽しめる内容。南極観測船である、『宗谷』『ふじ』『しらせ』の模型を発見しました。

この3隻はすでに現役を引退した観測船。『宗谷』はお台場にある船の科学館、『ふじ』は名古屋港、『しらせ』は船橋港にて見学可能です。ちなみに現行の南極観測船は『しらせ2号』です。

唐突にあらわれるリストロザウルス。まるでセルの第一形態のような怪しい目つきをしています。名古屋港の『ふじ』でもいきなり説明無く登場しました。南極と関係ある生き物なのでしょうか?

こちらのリストロザウルス、南アフリカ・ヨーロッパ・中国、そして南極大陸と世界の各大陸から化石が発見されました。大陸がかつては1つだったことの証明となった生き物なのです。ついに謎が解けました!

アクセスと営業情報

JR稚内駅からバスで15分、車で10分ほどの位置にあります。稚内空港からは車で30分ほど。ノシャップ岬周辺に観光スポットは少ないため、稚内市街地観光とセットで訪問するのがおすすめです。

開館時間 9:00~17:00(毎時00分発) ※11~3月は10:00~16:00
休館日 4/1~28, 12/1~1/31
料金 料金:500円

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました