札幌で一番高いビルから見下ろす夜景『JRタワー展望室 タワー・スリーエイト』(札幌市)

北海道

札幌駅にそびえるJRタワーは、夜景観賞スポットとしても人気。超高層ビルから見渡す夜景は、街の明かりがどこまでも続いていきます。展望室は比較的混雑しにくく、カフェも営業しているため、ゆったりとロマンチックに夜景を楽しみたい方におすすめのスポットです。

2015/2/10(火)

札幌駅にそびえるタワービル

2003年に開業したJRタワーは、高さ173メートルの超高層ビル。商業施設、オフィス、ホテル日航札幌、クリニック。スパ、ウエディングなど様々なフロアを備えた複合施設です。

最上階となる38階はJRタワー展望室 タワー・スリーエイトという展望室になっており、一般開放されています。

ラウンジのような展望室

展望室はぬくもりのある照明と背もたれ付きの椅子が並ぶラグジュアリーな雰囲気。さっぽろテレビ塔に比べると混雑は控えめで落ち着いた雰囲気です。BGMも心落ち着くアンビエントで、ゆったりした心地にさせてくれます。

南回廊で営業している「T’ CAFE」には様々なドリンクメニューがそろっています。ドリアやホットサンド、ケーキなどの軽食メニューもあるため、小腹が空いても大丈夫。

遠くまで広がる夜景

高さ160mの展望室からは札幌市街地の夜景を一望できます。JRタワーは他のビルよりも頭一つ抜けているため、非常に平面的な夜の街が映ります。天気が良い日中には、大倉山や三角山などの山に囲まれた札幌の姿、そして遠く石狩湾や小樽まで見渡すことができるそうです。

夜景の中にそびえるさっぽろテレビ塔や、大観覧車ノリアの姿も確認できます。ランドマークが並ぶ姿を見ることができるのも、JRタワーの特徴です。

開放的すぎる眺望トイレ

JRタワーに登ったら、チェックしてほしいのがトイレ。女性用トイレは普通のキレイなトイレなのですが、男性用トイレにはある仕掛けがあります。それがコチラ。

パノラマ広がるガラス張り仕様!

夜は暗いためただキレイな雰囲気ですが、日中に訪れたら青空広がる街並みを見下ろすカタチになります。こんな開放的な環境で用を足したら、物凄い爽快感なのではないでしょうか!それと同時に、何かに目覚めてしまうのではないかという恐れも。

なお、多目的トイレもパノラマ仕様となっております。女性の方は、こちらで雰囲気を味わうことができそうです。

実は北海道でNo.1

タワー内には、世界各国の高層ビル・タワーが描かれています。スカイツリーや台北101、ブルジュ・ハリファなど名だたる高層建築が並ぶ中、一番左に控えめに描かれているJRタワー。

この並びだと、とても低く見えてしまいますが、実は北海道で一番高い建築物なのです。

■北海道の建築物・高さランキング
1位 JRタワー(173.0m)

2位 さっぽろテレビ塔(147.2m)
3位 D’グラフォート札幌ステーションタワー(143.15m)
4位 ザ・サッポロタワー琴似(135.6m)
5位 シティタワー札幌大通(135.39m)

なお、展望台として一般開放されているのはJRタワーとさっぽろテレビ塔のみです。

アクセスと営業情報

JR札幌駅直結なため、外に出ることなく展望室までアクセスできます。入場受付はJRタワーイースト6階。札幌駅は慣れていないと迷いやすいので、時間には余裕をもって訪問するのがベター。

開館時間:10:00~23:00
料金:740円
JRタワーは営業時間が長いのがポイント。札幌駅周辺のホテルに宿泊している場合は、すすきので夕飯を食べてホテルに戻るとき、1日の最後に立ち寄るのもおすすめ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました