伊豆大島 Part 5 バウムクーヘンのような地層とソーダのような海

伊豆大島

伊豆諸島9日間の旅の最終日、16:20発の大型船橘丸まで時間があるので最後にひと泳ぎしていくことに。一見すると本州の海岸と変わらないトウシキ海岸ですが、シュノーケルを付けて潜ると、そこは深い青と豊富な生き物が暮らす離島の海が広がっていました。

2016/09/25(日)

巨大バウムクーヘン

伊豆大島には巨大なバウムクーヘンがあります。ほら!ほら!

その正体は地層切断面という、三原山から飛んできて火砕物が何層にも堆積してできた地形。薄い層が幾重にも重なる様子は、まるでバームクーヘンのようになっているのです。

さて、昨日岡田港で買った「地層切断面バウムクーヘン」の出番です!!!

どうでしょう、かなりぴったりハマったのではないでしょうか。
バウムクーヘンは2色あるのですが、プレーン味よりもあしたば味の方が似合います。

深い青が広がるトウシキ海岸でシュノーケル

せっかく伊豆諸島の島々をまわっているのに、八丈島以降は天候に恵まれずまともに泳いでません。せっかくマイシュノーケルを持ってきているのに、使わないともったいない。

そう思っていたところ、最終日にしてこれまでで一番の快晴に。そして、ついさっきまで三原山登山してきたばかりで身体はあつあつです。もう海に入りたくてたまらないです!

どこで潜ろうか悩んでいたのですが、ゲストハウスのもりおさんにおすすめしてもらったトウシキ海岸に決めました。

島内一周道路を走っていても、標識が見当たらない・・・!どこにあるのでしょうか?キャンプ場の近くという情報を便りに、キャンプ場へ向かう脇道へ反れる。すると小さな案内板を発見!

そこから未舗装の道を進むと、すぐに海辺に出ます。駐車台数は10台弱くらいなので、繁忙期だと厳しそうな雰囲気。ここが満車の場合は、少し離れますがキャンプ場に停めるのが良さそうです。

こちらがトウシキ海岸。岩場で囲まれたプールのようになっている海辺です。ぱっと見だと普通の関東の海と変わらない岩場の景色。

しかし、潜ってみると海中はすごくキレイ!!伊豆大島の海ってこんなにもキレイだったんですね。

 

タイドプールとはいえ深さは5mくらい。なかなか深さがあるため、潜るのが好きな方でも楽しめます。

写真は全然撮ってないのですが、カゴカキダイやネズミフグなどなどいろんな魚がたくさん。大きめの魚も泳いでます。

最後の最後で海に潜れて幸せな気分!魚もたくさん見られたし、思い残すことはありません。

泳いだあとは、キャンプ場のシャワーを利用しました。海岸からキャンプ場はちょっと離れているので、余裕を持った時間配分を。

竹芝桟橋への帰り道

さて、レンタカーに給油して港へ向かいます。ここで1つ注意が!伊豆大島のほとんどのガソリンスタンドは日曜定休なのです。島内一周道路沿い、空港近くの小さなガソリンスタンドのみ日曜営業しているようです。レンタル時に案内があるかと思いますが、見落としやすいのでご注意ください。

そして、もう1つ注意が。
伊豆大島は元町港と岡田港の2つの港があります。どっちに船が来るかは島民でもわかりません。2つの港は7kmほど離れていますので確認しないと大変なことになります。
当時朝7:00過ぎると東海汽船のHPでも確認できますが、各観光施設の受付でも掲示してありました。また、港前にも大きく張り出してあったので、普通に観光していれば目につくと思います。

本日の港は岡田港でした。今回の旅では4回目の乗船となる橘丸。

株主優待券(金券ショップで700円)を利用して、伊豆大島→東京が2740円。帰りは満席だったので席なし二等です。席なし券の人は、レジャーシートがもらえるので、それを廊下やデッキなど好きなところに敷いて過ごすワイルドなスタイルとなります。

伊豆大島→東京は4時間くらいなので、席なしでも全然平気!デッキで食べるどん兵衛。ほんのり潮風風味。

シルバーウィークの最終日となる本日。乗船客はどこかの島で見た顔ばかりそう思っていたら、三宅島にて同じ宿だったお二人と再会しました!

レインボーブリッジが見えてきました。これをくぐると、ぼちぼち下船準備。
20:45東京着の予定でしたが、15分早まって20:30着。ただいま東京。9日間の伊豆諸島めぐりはこれにて終了です。

 

伊豆諸島めぐりの後記

最近は1泊、2泊くらいのプチ旅行が続いていたのですが、久しぶりの長旅ができてとっても楽しかった!今回行った島は、八丈島・青ヶ島・三宅島・伊豆大島の4島。どの島も個性的で見所も多かったです。また、それぞれ特徴的な火山があるのが印象的。

そして、島めぐりの難易度は高め・・・!何よりも港が複数あるので、思わぬ移動がかさんだりします。さらに、欠航も非常に多いです。

さらに費用が高め・・・!宿は沖縄や八重山諸島に比べたらずっと高い!だいたい素泊まり4,000円くらいから、2食付で7,500円くらいから。そこに加えて、島内ではレンタカーやレンタルバイクが必要だったりするため費用はどんどん積み重なります。島内にATMはほとんど無いので、多目にもっていったはずの現金が空っぽです。むしろ私は足りませんでした。

私のように、一度に何個も島めぐりなんてせずに、1~2島にしぼってじっくり楽しんが方が有意義に過ごせるかと思います。・・・・でも、離島めぐりはやめられない。

この記事を書いた人
chihiro

国内旅行が大好き!車中泊やLCCを駆使して、離島と水族館は100以上・神社仏閣は300以上訪問。都道府県はあとちょっとで3周完了。スケジュール詰め込みがち。実はプログレとソウルが好きなベーシスト。

Twitterやってます!(下のアイコン)
旅行&音楽好きな方にフォローしてもらえると嬉しいです!

chihiroをフォローする
伊豆大島
シェアする
chihiroをフォローする
シマグニノシマタビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました