驚きの黒さ!漆黒の豚丼と絶品味噌汁『豚丼の鶴橋』(帯広市)

北海道

帯広といえば豚丼!美味しいタレがからんだ豚丼は、日本人なら皆好きな味ではないでしょうか。数ある豚丼店の中でも老舗の「鶴橋」では、真っ黒でインパクト抜群な豚丼を食べることができます。

2017/4/30(日)

帯広といえば豚丼

どこへ行っても美味しい食べ物だらけな北海道。ひろーい道内には、各地域それぞれ名物がたくさんあります。そんな中で帯広グルメといえばやっぱり豚丼!!

牛丼チェーンで見かける煮込みタイプの豚丼とは異なり、甘辛いタレで焼いた大きな豚肉が乗っているのが特徴です。

豚丼のお店は数多く存在していますが、中でも唯一無二の個性を放っているのが今回訪問した鶴橋。

なんと大正12年創業と、数ある豚丼店の中でも駅前の「ぱんちょう」に続く老舗です。地元民向けのような雰囲気がありますが、店員さんはみんな優しいので一人でも安心して入れます。

シンプル過ぎるメニュー

豚丼専門店である鶴橋。メニューは豚丼と味噌汁、たったこれだけです!豚丼はサイズを選ぶだけなので、迷うことは何もありません。

<豚丼>
・並¥950
・特大¥1,100
・超特大¥1,650
<味噌汁>
・豆腐¥100
・なめこ¥150

少ないメニューというのは、そこにかける本気と自信が見える気がします。私はひとまず並にしました。

※2017年4月の情報なので、現在は変更となっている可能性があります。また、2021年2月現在、豚トロ丼というメニューが増えているようです。

漆黒の豚丼

真っ黒な豚丼が着丼しました。松崎しげるもびっくりの驚きの黒さ。飾りでのっているグリーンピースが闇に飲み込まれそうです。

黒すぎて写真にとってもよくわからないという、未だかつて経験したことのない問題に直面しました。

ちょっと日向へどんぶりを移動することで、やっとディティールが見えました!!

そのお味は見た目通りかなり濃厚。「秘伝の自家製黒だれ」を使用しており、他では味わったことの無い味噌のようなコクが口の中に広がります。かすかにビターな風味を感じるのですが、それがまた良いアクセントです。

あっという間に完食。並を頼んだのですが、特大でも良かった気がしてちょっと後悔。

絶品の味噌汁

遡ること注文のとき。最初私は豚丼並だけを注文しました。すると、カウンターの中のじいちゃんがゆっくりと喋りだしました。

『お客さん、うちははじめて?だったらじいちゃんから1つアドバイス。うちの味噌汁は豚丼より美味しいよ』

ここは豚丼専門のお店、看板にも掲げているのにそれより味噌汁が美味しいという驚きの発言です!ここまで言われて注文しないわけにはいきません。

お味噌汁は、豆腐なめこの2種類。とりあえず豆腐にしてみました。

一口すするとびっくり!今まで飲んだことない味噌汁の味がします。何の出汁かさっぱりわからないのですが、とにかく美味しい。メニューには『優しく練り上げて煮立てずに仕上げる』と書いててありますが、どうやったらこんな風味になるのでしょうか。

豆腐も薄く切ってあり、独特の食感です。

とにかく美味しいお味噌汁。豚丼食べにきたら、絶対味噌汁も頼みましょう!じいちゃん嘘つかない!

アクセスと営業情報

帯広駅から車で10分。最寄り駅はJR根室本線の柏林台駅で、そこから徒歩20分ほどです。帯広競馬場から徒歩15分ほどなので、「ばんえい競馬」を見に行く方は、ついでに訪問してみるのも良さそうです。

営業時間:11:00~15:00/17:00~21:00
定休日:月曜
駐車場:12台

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました