謎のご当地グルメ『エスカロップ』を食べる!(根室市)

北海道

根室にしかない食べ物、その名も『エスカロップ』。さあ、どんな食べ物でしょうか!?

2017/5/2(火)

根室名物エスカロップ

花咲カニやサンマなど、北海道らしく美味しい海産物にめぐまれている根室。美味しい物がたくさんある町ですが、根室に来たらぜひとも食べてみたいのがエスカロップ。

ということで、エスカロップ発祥の店というニューモンブランへ。根室駅のすぐ近くにあるこちらのお店は、旅行ガイドでもお馴染みの人気店です。駐車場は無いので、根室駅前に止めて歩いていきました。

営業時間:9:00~20:00
定休日:不定休

まさかの準備中!

ただいまの時刻は16:00。もしかしてアイドルタイム?もしくは、月3回不定休とあるので、それに当たったのかもしれません。よくあることです。

とはいえ、今日はニューモンブランでエスカロップ食べる気分でいたので精神的ダメージはでかい。いつも旅行先で食べたいものがある場合、定休日や営業時間を考慮して候補店をいくつか調べていきます。でも、今回は油断していたので選択肢なし。

あ!道の駅スワン44ねむろでもエスカロップが食べられるはず・・・と思ったのですがラストオーダーは15:00。終わってます。さあどうしよう!?

迷ったときは根室駅へ

とりあえず根室駅に戻ってきました。目に入ったのは根室駅のインフォメーションセンター!こういうときは初心にかえって案内所で聞いてみましょう。

エスカロップを食べられるお店は他にもたくさん!さすが案内所で、とても親切に教えてくれました。そして、エスカロップマップをもらいました。裏面には各店の営業時間や電話番号つきでとっても便利です。

エスカロップは根室の喫茶店では、割りと普通にあるメニューらしい。とりあえずオススメされたどりあんへ行ってみます。

昭和から続く洋食店どりあん

おしゃれな外観のどりあんにやってきました。

営業時間:8:00~21:00
定休日:火曜

根室駅から車でおよそ3分。距離にして1kmくらいなので歩いても10分くらです。ロシア語の案内地図があったりと、独特な雰囲気があるので、ただ歩くだけでも楽しい街です。

店内はレトロな空気が漂う、まさに喫茶店といった雰囲気。BGMでSUNNYが流れており、レトロな雰囲気にわずかな妖しさが。

洋食を中心に豊富なメニューがある中で、ついにエスカロップを発見しました!

ついに到着エスカロップ

これがエスカロップです!

その正体はバターライスの上にポークカツ、そしてデミグラスソースがかかった洋食メニュー。

阿寒ポークを使用しているというカツは旨味たっぷり。衣は普通の豚カツとはちょっと違うような、唐揚げやフライドチキンのような香ばしさがうっすらと感じられます。とっても美味しいです。

ライスには黄色い具材。これはいったい何?味わって食べてみても、さっぱりわかりません。後で店員さんに尋ねてみたところ、なんとタケノコでした!全然想像もつきませんでした。

エスカロップの系譜

どりあんにはエスカロップの系譜が書かれていました。

<要約してみます>
エスカロップは、もともと「モンブラン」というお店で生まれました。その後モンブランは倒産閉店・・・

モンブランより独立した方が「ニューモンブラン」を創業(現在は3代目)。そして、ニューモンブランより独立した方が「どりあん」を創業したそう。

その後、この2店を中心にエスカロップは急速に広まっていきます。

『ただし、あくまでも根室市内に狭く、深く・・・』

根室市内では、カレーライスやハンバーグくらい普通のメニューらしいエスカロップ。しかし、根室以外にはまったく広まっていないのです。北海道民はおろか、比較的近くの町である釧路の人ですらその存在を知らなかったそう。

そして、そのことに一番驚いたのは根室の人々だったとか・・・

更なる謎グルメ

どりあんのメニューを見ていると目に入ったのは「オリエンタルライス」。エスカロップに気を取られていましたが、こちらも初めて聞くメニュー。その正体は、ドライカレーの上にハラミを乗せて、デミグラスソースをかけたもの。

さらにニューモンブランでは、「ビドックライス」というケチャップライス with ミートボールなメニューや、喫茶菩提樹では豚焼肉とナポリタンと目玉焼きの乗った「パンチライス(菩提樹パンチ)」などなど、エスカロップ以外にもオリジナリティあふれる洋食メニューがそろっています。

おまけ:○○ライス系ご当地グルメ

エスカロップを見て思ったのですが、長崎県のご当地グルメ・トルコライスに似ている気がします。トルコライスは福井県のボルガライスや石川県のハントンライスに似ている気がします。こんがらかってきたので、○○ライスをさらっとまとめてみました。

<○○ライス系ご当地グルメ>
根室:エスカロップ(豚カツ+バターライス+デミグラス)

石川:ハントンライス(魚フライ+オムライス+タルタル)
福井:ボルガライス(豚カツ+オムライス+デミグラス)
兵庫:かつめし(カツ+白米+茹でキャベツ+デミグラス)
長崎:トルコライス(豚カツ+ピラフ+スパゲティ+デミグラス等)
佐賀:シシリアンライス(牛焼肉+白米+サラダ+マヨネーズ)
沖縄:タコライス(タコミート+白米+サラダ+サルサ)
※掲載内容は一例です。お店によってそれぞれバリエーションが異なっています。

北から南まで、いろいろある○○ライス系のご当地グルメ。タコライスは全国的に有名ですが、他のメニューはまだそこまで知名度は高くないのではないでしょうか。

ご当地ラーメンが集まるイベントのように、○○ライスが集合するイベントとかあったら楽しそう!ただし、いずれもボリュームがあるため、複数食べるのはなかなか厳しそうです。

 


このあとは約100kmの道のりを経て野付半島へ!このまま野付半島を走りトドワラを見ようと思ったのですが、ナナワラあたりで日が沈んでしまい断念・・・。

トドワラとかナナワラとか何を言ってるかわからないかと思います。続きは明後日の記事にて詳しく説明しますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました