福島県

海風を全身で感じるスカイデッキ『いわきマリンタワー』(いわき市)

三崎公園に建つ真っ白なタワー。いわき市のランドマークの1つとも呼べる印象的なデザインをしています。文字通りタワーのてっぺんに立てるスカイデッキは圧倒的な開放感です!
福島県

特定日限定!爽快な海上さんぽが楽しめる『小名浜マリンブリッジ』(いわき市)

一般人は立ち入り禁止のマリンブリッジですが、特定日に限り徒歩で渡ることができます。何があるわけではありませんが、開放的な海上さんぽは爽快そのものです。
福島県

ウルトラのまち須賀川で「すかがわ市M78光の町」の住民票発行に挑戦(須賀川市)

ウルトラ兄弟や怪獣が多数並ぶ須賀川では、なんと仮想都市「すかがわ市M78光の町」の住民票を発行することができます。そこには住所も記されており、なんと土地までいただくことができてしまうのです。
福島県

須賀川の街でウルトラ探し!路上に並ぶウルトラヒーローと怪獣たち(須賀川市)

須賀川の街にはウルトラマンや怪獣がたくさん!須賀川駅や市役所、そしてその2つを結ぶ松明通りにはウルトラモニュメントが多数並んでいます。他所では体験できない、ウルトラめぐりに出発です。
福島県

昆虫を科学的にアナライズ『ムシテックワールド』(須賀川市)

様々な能力を持つ昆虫を科学的に分析した昆虫科学館。子どもが楽しいスポットですが、大人が見ても驚きがたくさん。わくわくのインセクトワールドが広がります。
福島県

広い公園内にそびえる奇岩・キノコ岩を探せ『浄土松公園』(郡山市)

郡山市にある浄土松公園。ここでは、きのこのカタチの大きな岩がたくさん並ぶ不思議な光景を見ることができます。日本ではあまり見ないタイプの奇岩は、ちょっとだけ外国の様な雰囲気も。
福島県

朝の岳温泉散策 ~ニコニコ共和国の遺産~(二本松市)

早朝に訪れた岳(だけ)温泉。まだお店も開く前の静かな温泉街を少しだけ散策してみることにしました。ところで、かつて存在した独立国家、「ニコニコ共和国」をご存じでしょうか?
福島県

美味しいラーメンとぽかぽかお風呂『UFOふれあい館』(福島市)

UFOや宇宙人がたくさん集う、福島を代表する珍スポット!展示も面白いのですが、美味しいラーメンと温かいお風呂まで揃っている何とも不思議な魅力にあふれた場所です。
福島県

【10~11月】何でも菊の花デコ!『二本松の菊人形』は想像以上に楽しめる!(二本松市)

毎年秋に開催される二本松の菊人形は、菊の花でデコった人形が並ぶ華やかな祭典!色鮮やかに彩られた世界は、美しくもどこかコミカルでとても楽しめます。
福島県

福島県・猪苗代に飛んできた『殺生石』を探せ!!(猪苗代町)

日本各地に飛び散ったとの伝説が残る殺生石。そのうちの一つが福島県の猪苗代町にもあるらしい・・・。わずかな情報を頼りにたどり着いたその場所には、2つに割れた巨石が鎮座していました。
福島県

恐怖の冬虫夏草と多様なゲンゴロウ『アクアマリンいなわしろカワセミ水族館』(猪苗代町)

ハイセンスな淡水魚専門の水族館。キレイでちょっと洒落た館内ですが、そこに並ぶラインナップはかなりマニアック。規模は小さいですが、見ごたえたっぷりのアクアリウムです。
福島県

大迫力の噴火体験『磐梯山噴火記念館&3Dワールド』(北塩原村)

磐梯山の噴火を今に伝える2つの施設。磐梯山噴火記念館は資料や映像で火山について学ぶことができ、3Dワールドは臨場感あふれる立体映像を楽しむことができます。テクノロジーを駆使した演出で、迫力の噴火を体験できるワンダースポットです。
東京都(23区)

大人気の縁結びスポット『東京大神宮』(千代田区/飯田橋)

アクセス良好な立地に加えてパワースポットとしても人気が高いため、多くの参拝者でにぎわう神社。かわいいお守りや、具体的過ぎる内容が記されたおみくじなどを扱っており、特に若い女性に多く信仰されています。
神奈川県

江の島イルミネーション『湘南の宝石』の魅力と注意点(藤沢市)

冬の江の島を彩るまばゆいイルミネーション「湘南の宝石」。サムエル・コッキング苑を中心に、キラキラと輝く世界が広がります。人気のイベントであるため、週末に訪問する場合は混雑に注意!
神奈川県

海のファンタジーとリアルを体感『新江ノ島水族館』(藤沢市)

人気の江の島エリアに建つ水族館。華やかで幻想的な水中世界を体感できるのはもちろん、マニアックな生き物やその生態を学ぶこともできます。様々なニーズに応える見応えたっぷりな水族館です。
千葉県

大迫力のパフォーマンスが楽しめる『鴨川シーワールド』(鴨川市)

シャチ、イルカ、アシカ、ベルーガと4種類のショーが楽しめる水族館。熟練のワザと工夫を凝らしたプログラムで、それぞれ違った楽しみ方ができます。HPに掲載されているタイムスケジュールはお見逃しなく。 訪問日:2023/12/2(土) ※掲載の写真・情報は訪問時のものです ショー施設が中心の水族館 千葉県鴨川市にある鴨川シーワールドは、全国的に知名度の高い日本を代表する水族館。1970年オープンの...
千葉県

ホタテも海鮮丼も食べ放題!バスツアー定番の浜焼き屋『浜焼市場きよっぱち』(南房総市)

サザエやハマグリ、牡蠣などの海鮮を自分で焼いて食べる「浜焼き」。ここきよっぱちは、そんな浜焼きを食べ放題で楽しめるお店です。卓上コンロで焼きたての貝に醤油を垂らして食べる・・・これが美味しくないわけがありません!
東京都(23区)

隅田川に架かるウッドデッキ『すみだリバーウォーク』(墨田区/向島)

鉄道橋に沿って伸びる歩行者線用の道。ゆったりと流れる隅田川の上を、気軽に水上散歩が楽しめます。2つの観光地をつなぐルートであるため、途切れることなく人が歩いているにぎやかな橋です。
東京都(23区)

地上450m!圧倒的な眺望広がる『東京スカイツリー天望デッキ&天望回廊』(墨田区/押上)

言わずと知れた日本一の高さを誇る東京スカイツリー。地上350mの「天望デッキ」と、そこからさらに100m上がった「天望回廊」、2つの展望台を備えています。チケットには枚数制限がありますので、事前購入がおすすめです!
番外編

【番外編】2023年まとめ & 2024年に行きたいところ

毎年恒例、1年に1度の日記ならぬ「年記」です!2023年の旅行をまとめたり、重点的にまわった離島や水族館などのスポットの数を数えたり、1年前に行きたかった場所にどれだけ行けたのか振り返ったり、2024年に行きたいとこを書き出したりと、ひたすら自己満足が続く記事です。 2024年は辰年 あけましておめでとうございます! 2024年は辰年です!干支の中で唯一、実在しない動物・龍。他の干支に比...
鹿児島県

鹿児島から東京へ!6日間の旅のおわり(鹿児島空港→羽田空港)

鹿児島、熊本、甑島(こしきしま)など九州の南西部をめぐる旅もこれでおしまい。最後の記事となる今回は、鹿児島空港から羽田までのフライトについて。ちょっとした後記も載せております。
鹿児島県

鑑真上陸の地・秋目を見渡すロケーション『鑑真記念館』(南さつま市)

鑑真といえば奈良時代に日本に来日した唐の僧侶。多くの失敗を経て命がけで渡日した鑑真の目的はいったい何だったのでしょうか。そして、なぜ鹿児島南部のこの地に記念館があるのでしょうか。
鹿児島県

薩摩のディープな歴史を知る『坊津歴史資料センター 輝津館』(南さつま市)

古来より港町として栄えた坊津(ぼうのつ)に建つ「輝津館(きしんかん)」は、貴重な歴史資料や読み物パネルが充実した歴史資料館。密貿易、一条院、薩摩塔といった、他ではお目に架かれないようなマニアックな歴史を学ぶことができます。
鹿児島県

枕崎のシンボル・立神岩を見に行こう『火之神公園』(枕崎市)

海辺に広がる開放的な公園は、海にそびえたつ巨岩「立神岩」のビュースポット。「海幸山幸」のストーリーで知られる山幸彦にも縁のある場所です。
鹿児島県

名物は”ぶえん鰹”!海産物の魅力がたっぷり味わえる『枕崎お魚センター』(枕崎市)

漁業のまちとして知られる枕崎。漁港にあるお魚センターには、新鮮な海産物を販売するショップや、レストランが入っており、海の幸をたっぷりと堪能することができます。名物の「ぶえん鰹」とは、いったい何なのでしょうか?
鹿児島県

見どころいっぱいな最南端の始発・終着駅『枕崎駅』(枕崎駅)

JR線の最南端始発終着駅である枕崎駅。レトロな駅舎やアート作品など、見どころが多く、電車利用でなくてもぜひぜひ立ち寄りたい駅です。謎の「ハッピーおじさん」や「勇気の木ヤッシー」についても書いてみました。
鹿児島県

木々に包まれた謎の遺跡『道野樟脳製造所遺構』(枕崎市)

枕崎の中でもディープなスポットである、樟脳の製造所跡。森の中に残るレンガや石の遺構は、まるで遺跡のような存在感を放ちます。ところで、樟脳っていったい何なのでしょうか?
鹿児島県

泊まれるおしゃれなイワシショップ『イワシビル』(阿久根市)

名前からも個性がにじみ出ているユニークなホステル。おしゃれカフェのような空間に、リーズナブルに宿泊することができます。朝食オプションのイワシ定食もおすすめです!
天草諸島

獅子島 Part 2 絶景広がる黒崎空中展望所と鉈崎望洋回廊(長島町)

片側(かたそば)港から車で島を時計回りに進み、さくっと獅子島一周へ。黒崎空中展望所からはじまり、獅子神社、鉈崎望洋回廊、獅子島化石パークとめぐってきました。
天草諸島

獅子島 Part 1 島へのアクセスとフェリーロザリオ乗船記(長島町)

鹿児島県最北の離島、獅子島(ししじま)。架橋はされておらず、船に乗って渡る必要があります。まずは島への行き方や島での移動手段などの事前計画、そしてフェリーロザリオの乗船記から。今回はレンタカーを船に載せて島へと向かいます。
天草諸島

長島 Part 2 島のアートフェスティバル『第19回ながしま造形美術展』(長島町)

2年に1度長島にて開催されるアート展。海上には巨大なアート作品がずらりと並んでいます。廃材や自然の素材などを利用した材料費をかけない作品には、島の人たちの熱意とセンスが凝縮されています。
天草諸島

長島 Part 1 ブーゲンビリアの丘と空中天望トイレ(長島町)

鹿児島県の北西に浮かぶ長島(ながしま)。車でアクセスできる離島であり、島内には様々な見どころがあります。今回はうずしおパーク、ブーゲンビリアの丘、マンダリンセンター、針尾公園をめぐってみました。
鹿児島県

冬限定!渡来するツルを見るならココに行こう『出水市ツル観察センター』(出水市)

毎年1万羽を越えるツルが越冬のために訪れる、鹿児島県の出水(いずみ)。初心者でもツルの観察を行えるのがこちらの観察センター。レクチャーはもちろん、カメラの貸出や観察のための小屋の設置など、誰でも気軽にバードウォッチングが楽しめます。
鹿児島県

あのキャラクターは実在していた?『オシリカジリムシ発見の地』(出水市)

武家屋敷群や冬に飛来するツルで知られる鹿児島県の出水(いずみ)市。不知火海に面した静かな入り江に貼られたプレートに記されていたのは「オシリカジリムシ発見の地」。あのキャラクターはここで発見されたのでしょうか?
鹿児島県

貴重なツル専門ミュージアム『出水市ツル博物館クレインパークいずみ』(出水市)

一万羽を越えるツルが越冬のために飛来する出水(いずみ)。ツル博物館は、そんなツルの生態や越冬の様子を知ることができるミュージアムです。 訪問日:2023/11/6(月) ※掲載の写真・情報は訪問時のものです 出水市の自然博物館 鹿児島県の出水市にあるクレインパークいずみは、冬に渡来するツルをはじめ、出水の自然について学べるミュージアム。1995年にオープン、もうすぐで30周年を迎える老舗の博...
鹿児島県

巨大な鈴とたくさんのツルに会える『箱崎八幡神社』(出水市)

鹿児島県出水(いずみ)市に鎮座する箱崎八幡宮は、鎌倉時代に創建された長い歴史をもつ神社。境内には多数のツルや、日本一の大鈴をはじめとした鈴がたくさん。非常にユニークな神社です。