加計呂麻島 Part 1 島へのアクセスと移動手段(瀬戸内町)

奄美群島

加計呂麻島(かけろまじま)はゆっくりとした時間が流れる穏やかな島。奄美大島南部の古仁屋港から15分で行くことができるため、日帰りでも訪問できます。島内は広いため移動手段の確保は必須。港も2つあるため、計画が大事です。

2018/5/18(金)

奄美大島から日帰りできる加計呂麻島

奄美大島3日目。今日は奄美大島から行くことができる離島、加計呂麻(かけろま)島へ行きます!

加計呂麻島は、奄美大島南部の瀬戸内町に属しており、古仁屋(こにや)港から船で約15分と気軽に行くことができる離島。ただし、なかなか広く起伏が多い島。加えてお店などもほとんど無いため、ある程度下調べしてから行く方が満喫できる島です。

古仁屋港は、奄美大島中心部の名瀬からだと車で約60分ほどかかります。奄美大島は広い島です。道は片側一車線がほとんど。思い通りに進めないこともしばしばなので、時間には余裕が大切です。

出発は「せとうち海の駅」

とりあえず古仁屋港にあるターミナルせとうち海の駅へ。加計呂麻島へ向かうには、ここが出発地点。売店やレストラン、観光案内所が入ってます。

目の前には横たわる大きなマグロが!!ここ瀬戸内町は、国内有数のクロマグロ養殖場なのです。

まるで足湯のように見える水たまり、これは魚たちのプール。ヤガラやブダイ、クマノミといったトロピカルな魚が泳いでいます。

加計呂麻島へ向かう際に気を付けなくてはいけないのが、どの港へ行くか。
奄美大島サイドは港が1つですが、加計呂麻島サイドの港は瀬相(せそう)港生間(いけんま)港の2箇所あるので注意が必要。

フェリーかけろまの時刻表を見ると、【瀬相行き7:00/10:20/14:00/17:30】、【生間行き8:10/11:40/16:00】となっています。どっちの港が良いのでしょうか・・・?

加計呂麻島での移動手段

加計呂麻島は広く起伏が多い島です。徒歩や自転車では限界があり、バスは観光には不向きとのことです。電動自転車もちょっと走る程度なら良いが、島内各所をまわるにはかなり厳しいとのことです。ということで、自然とレンタルバイクかレンタカーの2択になりました。

せっかく島に行くならレンタルバイクで走りたい!とはいえ加計呂麻島にレンタルバイクはほぼ無いので、奄美大島の古仁屋でレンタルバイクを借りてフェリーに積んで行くのが一般的とのこと。

10:20のフェリーかけろまに積んで行く作戦にしよう。レンタルバイクの料金は1,500円程度、フェリーの料金は往復540円です。

古仁屋港近くのレンタルショップ、田原モーターズへ。

ここで、スタッフさんから衝撃の事実が・・・!

フェリーかけろまは現在ドックに入っているとのこと。
代わりの船が来ているのですが、本数は普段より少なくなっています。もしバイクを積むなら次は13:00の船、帰りは18:00と固定されてしまう。ちょっと考え直そう。

せとうち海の駅の観光案内所のお姉さんと作戦会議。

加計呂麻島にはレンタカー屋さんが瀬相に「加計呂麻レンタカー」1件、生間に「イキンマレンタカー」、「カケロマンサービス」の2件あります。それぞれ台数に限りがあるので、まずは電話してみて、予約が取れた方の港へ行く船に乗るのが良いとのこと。

3社全て電話してみたところ唯一カケロマンサービスだけがレンタル可能でした。先に電話して本当に良かった!

奄美大島で借りているレンタカーをフェリーに載せることも可能ですが、料金が往復で5,950円。島でのレンタルは3,000円前後なので新しく借りた方が安上がり。また、レンタルバイク同様に車を運ぶにはフェリー限定。今の時期は本数が少なく利用しにくいのです。

島に渡っている間レンタカー借りているのは勿体ないとも思いますが、いちいち返してまた借りる手間と、名瀬から古仁屋港までの移動の不便さを差し引いたら別に損した気がしません。

海上タクシーの存在

レンタカーがおさえられたので、加計呂麻島の生間港行きの船を調べます。

今までフェリーかけろまの時刻表しか見てなかったのですが、それとは別に海上タクシーがけっこう頻繁に出ているのです。

タクシーとつきますが、基本は定期便で時刻表に合わせて運行しています。

先ほどのフェリーかけろまは瀬相行き・生間行き合わせて1日7便ですが、海上タクシーは18便!
2つを合わせて考えれば、なんと1日25便です!加計呂麻島って思った以上に行きやすい島なのですね。

料金はフェリーより10円安い350円。所要時間も5分短い15分と、お金・時間どちらも海上タクシーの方が優れているのです。

余談ですが、万が一最終便に乗り遅れて貸切りチャーターする場合の料金は3,000円。終電逃したときのタクシー代みたいな感覚ですね。

やっとのことで加計呂麻島へ

海上タクシーは数人の乗客を乗せて古仁屋港を出港しました。海風をもろに受けながら進む小型船は爽快です!

加計呂麻島の生間港に到着!予約していたレンタカー屋さん・カケロマンサービスへ。港から歩いてすぐのところにあります。

料金は4時間2,000円、6時間2,300円、10時間2,500円とかなりシンプル。さあ、加計呂麻島ドライブに出発!!

スリ浜で遅い朝ごはん

生間港近くにあるビーチスリ浜。青い海と、そこに延びる桟橋がなんとも絵になる風景。

今日は何も食べずに出発したので、ここで遅めの朝ごはんにします。買ってきたポーク玉子おにぎりが今日のメニュー。

周辺マップがあったのですが、あまりにもミニマル。そこに書かれているのはビーチと桟橋のみです。

つづきます!

加計呂麻島 Part 2 ビーチと戦争遺跡とマモルくん(瀬戸内町)
レンタカーを借りて広い加計呂麻島をドライブ!派手な見所は少ないのですが、素朴で穏やかな雰囲気こそが最大の魅力の島です。実久・呑之裏・伊子茂・諸鈍と4つの集落をさらっとめぐります。まさかのマモルくんもいます。

ランキングサイトに登録はじめました!クリックするとポイントが入るらしいので、いいね感覚で押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ

この記事を書いた人
chihiro

国内旅行が大好き!車中泊やLCCを駆使して、離島と水族館は100以上・神社仏閣は300以上訪問。都道府県はあとちょっとで3周完了。スケジュール詰め込みがち。実はプログレとソウルが好きなベーシスト。

Twitterやってます!(下のアイコン)
旅行&音楽好きな方、気軽にフォローしてください~

chihiroをフォローする
奄美群島
シェアする
chihiroをフォローする
シマグニノシマタビ

コメント

  1. […] […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました